DF22 薗田淳選手 現役引退のお知らせ

この度、ブラウブリッツ秋田に所属しておりましたDF22薗田淳選手が2018シーズンをもって現役を引退することとなりましたのでお知らせいたします。

選手名

薗田 淳 (そのだ じゅん)

ポジション

DF

背番号

22

生年月日

1989年1月23日

出身地

静岡県

身長・体重

182cm・78kg

経歴

麻機サッカースポーツ少年団→常葉学園橘中→常葉学園橘高→川崎フロンターレ→FC町田ゼルビア→川崎フロンターレ→コンサドーレ札幌→ロアッソ熊本→藤枝MYFC→ロアッソ熊本

Jリーグ通算出場記録

J1リーグ:8試合0得点、J2リーグ:43試合1得点、J3リーグ:5試合0得点

2018シーズン出場記録

J3リーグ:1試合0得点 / 天皇杯:0試合0得点

コメント

今シーズンをもちまして現役を引退する決断をしました。
選手として輝くことは出来ず、特にここ数年は怪我と戦う苦しい日々の連続でした。何度も気持ちが折れました。
それでもチームメイトの頑張る姿やファン・サポーターの姿を見るたびに勇気づけられ、「またこのピッチに立ちたい!立つんだ!」諦めずに続けてきました。手間のかかる自分を親身になり、サポートしてくれたメディカルスタッフの皆さんには特に感謝の想いが強いです。這いつくばってきた12年、満足はしていませんが後悔もありません。自分色のサッカー人生は大きな財産です。
小さい頃からの夢であった「プロサッカー選手・薗田淳」を12年間も生かしてくださった川崎フロンターレ、FC町田ゼルビア、北海道コンサドーレ札幌、ロアッソ熊本、藤枝MYFC、ブラウブリッツ秋田の6クラブの関係者の皆様には心から「ありがとうございます!」と伝えたいです。
最後にどんなときも気にかけ、応援してくださったファンの皆様。サッカーを通じて出会い、応援してくれた仲間。これまで僕に関わり指導してくれた指導者の方々。たくさんの方々の支えがあり、12年間も続けることが出来ました。そして何より自分を陰で支え、誰よりも応援してくれた家族に感謝を伝えたいです。活躍というカタチで恩返しが出来なかったことは男として、1人の人間として一生悔いが残りますがこの先の人生にその悔しさの全てをぶつけたいと思います。
一生感謝。