MATCH RESULTS

2019 明治安田生命 J3リーグ 第22節

AWAY

ブラウブリッツ秋田

4-1

HOME

ガイナーレ鳥取

日時2019.09.07. Sat  19:00
場所とりぎんバードスタジアム

HIGHLIGHT DATAハイライト動画・試合データ

Starting Member
位置No.選手名
GK21井上 亮太
DF4井上 黎生人
DF6池ヶ谷 颯斗
DF15上松 瑛
MF16星野 有亮
MF26世瀬 啓人
MF38高畑 奎汰
MF41魚里 直哉
FW9ユリ
FW11ヴィートル ガブリエル
FW39鈴木 国友
Substitution Member
位置No.選手名
29GK市川 暉記
3DFアドリエル
18DF西山 雄介
20DF大屋 翼
7MF可児 壮隆
8MF三沢 直人
13MF林 誠道
AWAY
ブラウブリッツ秋田
HOME
ガイナーレ鳥取
ガイナーレ鳥取
日時
2019.09.07 Sat 19:00
場所
とりぎんバードスタジアム
データ
7411シュート862
369GK14410
101CK880
5510直接FK743
011間接FK220
011オフサイド220
000PK110
5分 16.藤沼
22分 5.千田
43分 11.久富
45+1分 6.藤山
得点者67分 8.三沢
62分 8.和田 → 15.江口
68分 9.中村 → 18.北脇
85分 16.藤沼 → 25.北原
交代57分 11.ヴィートル → 13.林
57分 9.ユリ → 8.三沢
68分 26.世瀬 → 7.可児
警告89分 21.井上(亮)
退場者
観衆天候気温湿度ピッチ状態
2378人30.0℃59%弱風良芝、水含み

LIVE SCORES試合速報

※このページは1分毎に自動更新されます。携帯からご覧の方は更新ボタンを押してください。

COMMENT監督コメント

今日の試合を迎えるにあたって、両チームとも過去3戦の結果が2分1敗同士でこの試合を迎えたと思うんですけど鳥取には鳥取の事情があったでしょうし、もしかしたら過去の我々の試合を分析した上での5人のスタメン変更だったのかもしれません。


我々の事情というのはものすごくシンプルで、過去3戦勝ててない中でも今の今は本当に選手スタッフですごくいい普段の練習、取り組みができていて、その中でも結果だけがついてこない。結果にかかわる肝のところではなかなかまだ結果を出せない、という過去の3戦でした。


その中でもすごくは今の自分たちがやっていて誇りに思えるような自分たちのサッカーをしっかりと実力をつけ積み上げる方向で、今日の試合の準備して臨みました。その取り組みがやっと実を結んで何か今まで溜まっていたものが上手く前半爆発出来たような試合でした。


それでも残りの12試合を考えた時に、この試合を通してもまだまだ自分たちに足りない部分というのは選手自身も、私自身も感じたので、そういうところにちゃんと目を向けてまた次に向かいたいと思っています。


後半0対4での立ち上がりから鳥取の選手たちが物凄い球際の戦いをして、ダイナミックにゴールに向かってきた。そういう所は本当に素晴らしいなと思いましたし、そういうプレーを後半鳥取の選手達が出してくれたおかげで自分たちが天狗にならずに済むというか、まだまだ足りないものに目を向けられた部分もあったと思います。

質疑応答

鳥取のスタメンが大きく変わったという話が合ったが、ある程度想定内だったのか?

はい。5人の変更の予想は付いてませんでしたけど、5人変更したことでやる得ることの予測は立てていましたし、しっかりと恐らく立ち上がりはミラーというかしっかり走れるメンバーで前線プレスをかけてきたことなどは予想通りでしたけど、後はどう見てもツインタワーというか前に背の高い選手二人のスタメンだったので、ある程度後ろからなのかクロスなのかそこに当ててくるという予測もしてました。ただ、両方とも僕の予測以上のプレスと予測以上のツートップ起点からの攻撃だったので、自分たちが1点取るまではどっちに転んでもおかしくないシーソーゲームだったと思います。

前半早い時間帯に1点を取れて、勢いをつけられたのは大きかったのか。

そうですね。今までの自分たちであれば、あのようなプレスや攻撃をされたときに、どちらかというとロングボールが多くなると思いますし、あのような入りでロングボールを入れるのは間違ってはないと思うんですけど、選手たちが強気にしっかりとしたポジションを取ったりとか、動かすことはかなり早い時間帯からやって、センターバッグの韓浩康選手がしっかりと前につけてそこからの1点目だったので、本当に勇気を持って選手たちがプレーしたなと思います。

PHOTO試合写真

※登録がありません。

MATCH PREVIEW試合について

優勝を果たした地で奇跡への第1歩を

「人としてサッカー選手として最後の瞬間まで諦めない、そして自分たちの昇格のために、ここから昇格すれば奇跡といえる行動になると思いますけど、そういうことを信じて1日1日に過ごすことが大切だと思います。」 前節のホーム・沼津戦後の記者会見で間瀬秀一はこう話した。J2昇格を目指して戦い続ける今シーズン、とにかく上位を目指すしか昇格へ向けての方法はなくなった。ただ、ホーム・沼津戦の前半は完全に押し込み、ハーフコートゲームとなるくらいの展開だった。選手たちも手応えを感じており、とにかく結果に繋げることだけを求めていきたい。 対戦相手のガイナーレ鳥取には、ホームで対戦した際は敗れているだけに借りを返したいところだ。フェルナンジーニョを中心にボールを繋ぎ、攻撃的に仕掛けてくる戦い方が明確なだけに秋田らしい激しく厳しいディフェンスからの速い攻撃へ繋げることで勝機を見出していきたい。 今節の試合会場は2017シーズンにJ3優勝を果たした、思い出深く良い印象のあるスタジアムだ。J2昇格へ向けて「奇跡」への第1歩を鳥取の地から踏み出したい。

TICKETチケットについて

チケット情報については、Jリーグチケットをご覧ください。