MATCH RESULTS

2019 明治安田生命 J3リーグ 第11節

AWAY

ブラウブリッツ秋田

2-1

HOME

カターレ富山

日時2019.06.09. Sun  14:00
場所富山県総合運動公園陸上競技場

HIGHLIGHT DATAハイライト動画・試合データ

Starting Member
位置No.選手名
GK1榎本 哲也
DF5今瀬 淳也
DF19柳下 大樹
DF28谷奥 健四郎
MF6碓井 鉄平
MF7佐々木 陽次
MF14白石 智之
MF20花井 聖
FW9苔口 卓也
FW11才藤 龍治
FW24前嶋 洋太
Substitution Member
位置No.選手名
21GK太田 岳志
3DF代 健司
10MF新井 瑞希
13MF佐々木 一輝
15MFルーカス ダウベルマン
17MF稲葉 修土
8FW高橋 駿太
AWAY
ブラウブリッツ秋田
HOME
カターレ富山
カターレ富山
日時
2019.06.09 Sun 14:00
場所
富山県総合運動公園陸上競技場
データ
617シュート954
246GK826
213CK211
51217直接FK936
202間接FK110
202オフサイド110
000PK000
7分 9.中村
45+1分 9.中村
得点者30分 11.才藤
59分 8.和田 → 16.藤沼
67分 9.中村 → 13.林
88分 26.垣根 → 2.尾本
交代61分 9.苔口 → 8.高橋
72分 14.白石 → 10.新井
85分 7.佐々木 → 15.ルーカス
42分 9.中村
67分 20.青島
警告79分 11.才藤
90分 19.柳下
退場者
観衆天候気温湿度ピッチ状態
3016人23.4℃61%弱風全面良芝、乾燥

LIVE SCORES試合速報

※このページは1分毎に自動更新されます。携帯からご覧の方は更新ボタンを押してください。

COMMENT監督コメント

このリーグで1つ勝つのは大変なことだと思います。

試合前のミーティングで、選手たちには過去最高の戦いを要求しました。過去最高の戦いとは、まずチームメイトを信じること、助け合うこと、そして力を合わせて最後倒れるまで、走力・球際で戦うことなどを要求しました。

ゲーム展開はセットプレーからの先制という展開でしたけれども、追いつかれた後に彼らがその通り、前半のラスト自分たちの選手がペナルティエリア内で2人倒されてもプレーを止めずにそこから2点目を奪ったことや、後半になって最後逃げ切る時間には相手選手のアフターのファウルがたくさんありましたけど、あの審判団は取ってくれませんでした。それでも怯むことなく体を張って最後ゴール守り抜き、2対1での勝利となりました。

そういう意味では、過去最高かどうか分かりませんけれども、今季最高の戦いをやったと思います。

あとは、数こそ少ないですけど秋田のサポーターがこの富山の地まで駆けつけてくださいました。前節、その前、天皇杯も含めて我々は不甲斐ない戦いをしたので厳しい声をかけていただきましたけれども、そのサポーターが今日は本当に笑顔で喜んでくれました。本当に彼らと共に生きてるんだなと実感できましたし、彼らに喜んでもらうためにも、また次も過去最高の戦いをやりたいと思っています。

質疑応答

先発を前節から4人入れ替えたが、狙いは?

4人入れ替わってますか?ここまで固定したメンバーで戦ってきていないので、スタメンが何人か入れ替わるということはよくあることで、基本的には自分たちが1週間練習をしてしっかりとぶつけ合って、その中で週末の試合でしっかりと戦える人間を選んできています。怪我人が多かったりすると、怪我明けの選手はプレーの質は高くてもなかなか長い時間プレイできないので、そういうことも含めてスタメンを決めるのは難しいことですし、今まで出ていなかった選手もいる中で、今日ははっきり言えば2得点を挙げた中村亮太も紅白戦の中でも点を取ったり調子は良かったんですけどもやはり90分走る体力はまだありませんし、現に今日も足をつって途中交代しました。
1人1人いろんな事情がある中で、目の前の試合を勝てるチームとしてメンバーを選んでいます。

中村は今季初先発となった。沼津時代から見ていた者からすると、彼が前にいると今日のような良さがでると感じていた。中村には何を求めたのか。

求めたものはポジティブに出してくれたと思いますし、足りないものは走るところだと私は思っていました。今日ピッチに立っていられた間はしっかりと走りましたし、あれが90分できればなお良いです。私自身も現役時代ストライカーでしたけど、貪欲に3点目を獲ってハットトリックを今後は狙って欲しいです。

後半富山が1点を追いかけてきた中で、これまで富山と対戦してきたチームは少し下がってしまうケースが多かったが、秋田はしっかりと前から防いでいた。

そうですね。それでもやっぱり後ろに引かされた方です。
先週の福島ユナイテッドFCもしっかりボールをつないでゴールに向かってくるチームでありながらも自分達は後ろに引かないという取り組みをしました。0対2で負けましたけど、その守備スタイルで積み上がったものがありました。今節のカターレ富山はとても強いチームで、ボールを動かせますし、個で勝負できる選手もいます。そのチームと実際に対峙して、それでも思ったよりゴール前に引かされた感がありましたけれども、最後なんとか守りきったのは良かったと思います。
カターレ富山は1敗しかしてない唯一のチームなので、対戦前からリスペクトがありました。安達監督とは少し声を掛け合う仲にさせてもらってますけど、本当に戦術の変更などを巧みで、4-4-2なのか、守備で4-3-3ぎみになったり本当に我々の立ち位置を見ておそらく途中から4-2-3-1にしたりと、良い監督といいチームに対しての戦いだったので、とても厳しいものになりました。その富山に勝てたということで我々も自信を持って次を迎えたいと思います。

PHOTO試合写真

※登録がありません。

MATCH PREVIEW試合について

秋田が築いてきたスタイルを体現するとき

今節の対戦相手はカターレ富山。
前節終了時点で4位に位置し、虎視眈々と昇格圏への浮上を狙っている。昨シーズン途中から指揮を執る安達監督のもと、確実に積み上げてきたものをしっかりと結果へ繋げてきている印象だ。間瀬秀一監督もカターレ富山の印象を「1人1人個の能力が非常に高い」と評する。
ブラウブリッツ秋田は前節ホームで福島ユナイテッドFCに敗れた。結果だけがクローズアップされがちではあるが、チームとして準備をしてきた面を体現する時間帯もあり、その部分の継続が今節の結果に繋がることを期待したい。順位こそ17位ではあるが、ひとつの勝利でガラッと順位が入れ替わるくらいの勝ち点差にほとんどのクラブが位置している。ブラウブリッツ秋田も一気に順位を上げるチャンスでもあり、まだまだ悲観する状況ではない。ただ、勝利を期待するファン・サポーターのためにもアウェイの地・富山で勝ち点3を手にしたい。
今シーズンの新体制発表記者会見にて「秋田スタイル」というスタイルを発表した。苦しいときこそ粘り強く、我慢強く耐える。結果がなかなか付いてこない今こそ、原点に立ち返るときだ。

TICKETチケットについて

チケット情報については、Jリーグチケットをご覧ください。