J3 第14節 ブラウブリッツ秋田 VS SC相模原

ブラウブリッツ秋田

試合終了
10前半00
1後半0

あきぎんスタジアム(秋田市八橋運動公園球技場)

SC相模原

SC相模原

Starting Member
No.位置選手名
1GK川口 能活
3DF工藤 祐生
5DF梅井 大輝
15DF辻尾 真二
22DF米原 祐
4MF岡根 直哉
7MF保﨑 淳
10MF菊岡 拓朗
21MF徳永 裕大
9FWジョン ガブリエル
13FW久保 裕一
Substitution Member
No.位置選手名
23GK大畑 拓也
20DF麦倉 捺木
17MF飯田 涼
38MF千明 聖典
28FW呉 大陸
   
   

ブラウブリッツ秋田Home
システム:

SC相模原Away
システム:

データ
325シュート1183
6410GK1192
246CK321
628直接FK1578
011間接FK431
011オフサイド321
011PK000
76分 29.田中
得点者
58分 20.青島 → 14.山田(樹)
88分 11.久富 → 16.遊馬
89分 29.田中 → 5.千田
交代77分 10.菊岡 → 28.呉
85分 7.保﨑 → 20.麦倉
警告30分 7.保﨑
87分 3.工藤
退場者
観衆天候気温湿度ピッチ状態
2301人22.3℃68%中風全面良芝、乾燥

ブラウブリッツ秋田 試合後監督コメント


監督
杉山 弘一

SC相模原、高さのあるチームで、そして大きくない選手はすごくすばしっこくて寄せが早くて、中々手強いチームだったと思っています。特に前半、中々こっちも思うようにやらせてもらえなくて、流れがつかめないような状況でしたけれども、選手たちよく踏ん張ってくれて、よく0-0で終わってくれたなと思っています。ハーフタイム、必ず点がとれるから、そこまで全員で我慢しようというような話をしました。PKでしたが、うまく1点取って、ゼロで抑えることができて、本当に選手たちはよくやったと思います。選手たちもやり続けていくことは簡単なようで中々簡単ではないと思います。それを疲れもある中で、やっていっているというのは、選手に対して感謝しかないです。


質疑応答

千田を初めてリーグ戦で起用した。5番にマンマークしている形に見えたが、高さをつぶしたかったのか?

相手は最後パワープレーで前にかかってきていましたから、大きい選手がたくさんいる中で前に3枚入ってくると、我々の3枚のディフェンスと同じ数になってしまうと事故が起きやすくなるので、わかりやすく千田をつけて「もう守り切るよ」というメッセージも込めて出しました。千田自身にはファウルに気をつけてという話をして出したのですが、よく我慢しながら押さえてくれたなと思っています。よくやってくれたなと思っています。そんな中で千田も初めてリーグ戦に出場することができて、その点で良かったなと考えています。

田中が久しぶりのゴールだが、サイドでキープしてPKを得たのも田中だった。彼がゴールを上げるのはチームにとって勢いという部分で大きいか?

そうですね。田中もそうですし、前山、久富。最近どこのチームも僕らのストロングポイントを消しに来ますから、中々思うようにやらせてもらえませんけれども、3人がその中でもひたむきにやり続けている結果が、こうして点につながっていくのだと思っています。よく我慢してやってくれていると思います。

前半、具体的にやらせてもらえなかったという部分について、具体的に。

簡単に言うと僕らもチャンスを作れたのですけれども、もう少し相手の良さを消したかった中で、ロングボールからのこぼれ球と、クロスボールに対して大きな選手が雪崩れ込んでくるというようなところで先に触られるシーンがあったりだとか、思うように止めきれなかったなと。ただ、最後のところを割らせなかったというのは、選手がよく我慢してくれたなと思っています。できることならもう少し僕らのペースで入っていって、僕らのチャンスが多くて、相手のチャンスが少ないという形で持っていければ、最高の前半だったのですけれども、ただやってみないとわからないことがあるので、そんな中でよく0-0で折り返してくれたなと思っています。

今までとは違うタイプのチームでもこうして全員の力で勝ちきった。改めてチームの成長についての手応えは?

細かなところでいくつか成長が見られるので、それを言い出すときりがないと思うのですけれども、成長したから今日のゲームがあるということもありますし、このような難しいゲームを1-0で勝ちきっていくというようなことが、一人一人の、それからチームの成長になっていくのかなという気はしています。そういう意味ではまた1つチームが逞しくなったのかな、と今日のゲームで感じています。

試合前のピッチ内ウォーミングアップをずっとピッチ横で見ていた。何を見ていたのか?

自分たちのチームの選手たちがどんな調子かどうか、動けているかどうか。相手の選手たちも、もちろん映像とかで見ていますけれども、実際見たらジョン ガブリエルはこんな大きいんだとか、岡根選手とか 梅井選手とか実際大きいので、実際に見てみるのとテレビで見てみるのは違いますし、ボールがしっかり蹴れているかどうかとか、今日の調子はどうかとか、相手も含めて見ています。

※このページは1分毎に自動更新されます。携帯からご覧の方は更新ボタンを押してください。

  • なお、2017シーズンホームゲームはテキスト速報を行いません。DAZNもしくは、Jリーグ公式ホームページ(http://www.jleague.jp/)のテキスト速報をご覧ください。
  • スターティングメンバーが発表されました!