11.15 秋田市立仁井田小学校で「ゆめすく」を行いました

11月15日(水)、秋田市立仁井田小学校にて「ゆめすく」を行いました。
ゆめすくとは、ブラウブリッツ秋田の選手が学校を訪問し、運動を通じた触れ合いや自身の経験をもとにした講義を通じて「夢を持つことの大切さ」「夢を追いかけることの重要性」を伝える活動です。
東電化工業株式会社、株式会社ピー・アンド・エスのご協賛をいただき、秋田市協力のもと実施しております。
今回は6年生102名を対象に、MF18 小野敬輔選手がゆめすくを行いました。小野選手は仁井田小学校出身で、今回は母校での実施となりました。

小野選手は自身の経験をもとに、夢を叶えるためには「楽しむ」ことが重要だと話していました。どのように挫折や困難な時を乗り越えて来たかという先生の質問に対し、「楽しむ気持ちを忘れないこと。自分が本当に好きなことなら壁にぶつかっても楽しむことができる。その時に諦めず、続ける・やりきるということも重要」と答えていました。

その後児童から今日の感想と夢の発表があり、「仁井田レッドスターズでサッカーをしており、将来は小野選手のようにプロになりたいです」や「自分の夢に向かって諦めず頑張っていきたいと思います」などといった発言が聞かれました。

今回のゆめすく実施に伴い、ご協力いただきました仁井田小学校のみなさま、ありがとうございました。

今後もブラウブリッツ秋田は東電化工業、ピー・アンド・エス、秋田市とともに「ゆめすく」を実施していきます。
ご希望の学校関係者の方は、ホームタウン事業課 奥山 s.okuyama@blaublitz.jpまでご連絡ください。