MATCH RESULTS

2020 明治安田生命 J3リーグ 第10節

AWAY

ブラウブリッツ秋田

0-0

HOME

カマタマーレ讃岐

日時2020.08.15. Sat  18:00
場所Pikaraスタジアム

HIGHLIGHT DATAハイライト動画・試合データ

Starting Member
位置No.選手名
GK1清水 健太
DF2西野 貴治
DF23柳田 健太
DF28キム ホヨン
DF30竹内 彬
MF6長谷川 隼
MF10高木 和正
MF11森川 裕基
MF15岩本 和希
FW13重松 健太郎
FW27林 友哉
Substitution Member
位置No.選手名
16GK服部 一輝
3DF松本 直也
4DF薩川 淳貴
17MF池谷 友喜
19MF川﨑 一輝
9FW栗田 マークアジェイ
18FW中村 亮
AWAY
ブラウブリッツ秋田
HOME
カマタマーレ讃岐
カマタマーレ讃岐
日時
2020.08.15 Sat 18:00
場所
Pikaraスタジアム
データ
6612シュート725
527GK1284
7714CK633
437直接FK1037
101間接FK211
101オフサイド211
000PK000
得点者
71分 22.沖野 → 11.久富
77分 29.齋藤 → 13.林
77分 9.中村 → 7.前山
90分 8.茂 → 6.輪笠
交代76分 6.長谷川 → 3.松本
89分 10.高木 → 19.川﨑
警告
退場者
観衆天候気温湿度ピッチ状態
953人32.0℃49%無風全面良芝

LIVE SCORES試合速報

※このページは1分毎に自動更新されます。携帯からご覧の方は更新ボタンを押してください。

COMMENT監督コメント

秋田の皆様、いつも選手・クラブを支えてくださり本当にありがとうございます。

「We Are AKITA」私たちは秋田です。どんなときも、ひたむきに誠実に、チーム一体で走るのが秋田だと思います。

良かった点を振り返り、再現性を高める。

試合の中で気づいたこと、反省すべきところを糧として、挑戦・成長を繰り返す。

今後も前に向かってチーム全員で走って行きたいと思います。

質疑応答

相手のカマタマーレ讃岐はブロックをしっかり敷いて、秋田の攻撃に対抗してきた。最後まで崩すのが難しかった要因は?

チーム全員で前に目線を揃えてペナルティエリアに入りましたけれども、自分でペナルティエリアに入って行く勇敢さ、そしてコンビネーション、ゴール前の質をこれからも全員で磨いていきたいと思います。

PHOTO試合写真

※登録がありません。

EVENT当日のイベント

EVENT
01

DAZNを観てブラウブリッツ秋田を応援!

DAZNならブラウブリッツ秋田の試合が全て生中継!

テレビで、スマホでブラウブリッツ秋田を応援しよう!
こちらのURLから加入するとブラウブリッツ秋田の支援金になります!

◆加入はこちらから◆
https://blaublitz.jp/lp/dazn

EVENT
02

リモートチェックイン!DAZNを見てメダルをゲットしよう!

DAZNのJリーグ中継内に表示されるQRコードを読み取るか、プロモーションコードを入力することでJリーグアプリで使えるメダルがゲットできます!
是非、メダルを貯めてプレゼントが当たる明治安田生命Jリーグチャレンジに挑戦してみてください!

◆詳細はこちら◆
https://www.jleague.jp/news/article/17436/?utm_source=twitter&utm_medium=social

EVENT
03

#おうちでBB

SNSでみんなと一緒に応援しよう!

ブラウブリッツ秋田ではファン、サポーターの皆様とともに試合を戦うために、「#おうちでBB」を使って共に試合へ挑みます。
おうちでの観戦の模様や、試合に対する感想、あなたの選手への思いなど、ぜひ「#おうちでBB」を付けてSNSに投稿し、秋田一体となって共に戦いましょう!

MATCH PREVIEW試合について

J3リーグ記録の10連勝へ並べるか?長距離遠征を乗り越えろ!

前節は2位ロアッソ熊本との首位決戦を2-1で勝利したブラウブリッツ秋田。今節はアウェイでカマタマーレ讃岐との一戦を迎える。
前節では2位の熊本に勝利した以外にも鈴木準弥の第一子誕生を祝うゆりかごパフォーマンス、沖野将基の移籍後初ゴール、輪笠祐士のケガからの復帰など明るい話題も多く、チームはいい雰囲気をキープできている。
今節の対戦相手であるカマタマーレ讃岐はここまで2分け7敗と最下位に沈んでいる。
前節の福島戦でも4失点するなどリーグワースト2位となる17失点を喫しているが、浮上のきっかけを探している讃岐に油断はならない。
さらに今節は今シーズン初となる西日本への長距離の遠征かつアウェイサポーターが現地で後押しできないということもあり、讃岐の大きなホームアドバンテージもある。
この試合に勝てば2016年に栃木SCが記録したリーグ記録の10連勝に並ぶが、これまでの試合同様に一戦必勝、目の前の敵に全力で戦い、勝利を収めたい。