2019シーズン Jリーグクラブライセンス判定結果について

本日、公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)より2019シーズンクラブライセンス交付の発表があり、ブラウブリッツ秋田にJ2クラブライセンスが交付されることとなりましたのでお知らせいたします。

判定結果・決定内容

2019シーズンに関するJ2クラブライセンス

なお、下記理由において制裁が科され、制裁内容は以下のとおりとなります。

制裁内容

理由

2019シーズンにブラウブリッツ秋田が使用を予定している「秋田市八橋運動公園陸上競技場」がクラブライセンス施設基準のうち、衛生施設および屋根の基準を充足していないため。

内容

  • スタジアム環境の抜本的改善に向けた2019年の活動計画および2018年7月から2018年11月までの活動報告を2018年11月30日までに、Jリーグクラブライセンス事務局に書面で提出すること。
  • 2019年6月30日までに2018年12月から2019年6月までの活動報告をJリーグクラブライセンス事務局に提出すること。
    ※クラブは抜本的改善に向けた活動計画を進めていく努力をし、活動報告を確認したJリーグクラブライセンス事務局からは別途文書が発信される場合があります。

施設基準で充足していない項目について

秋田市八橋運動公園陸上競技場の観客席数は「18,528席」である。

  • 衛生施設(トイレ)の台数が現状1,000名の観客に対し、約0.3台であることから、基準の5台以上備えることが出来ていない。
  • 屋根で覆われている観客席数が221席であるため、基準の観客席を1/3覆うことが出来ていない。