J3 第34節アスルクラロ沼津 VS ブラウブリッツ秋田

ブラウブリッツ秋田

試合終了
00前半02
0後半2

愛鷹広域公園多目的競技場

アスルクラロ沼津

アスルクラロ沼津

Starting Member
No.位置選手名
31GK大西 勝俉
2DF藤嵜 智貴
21DF熱川 徳政
22DF徳武 正之
24DF砂森 和也
47DF富田 康仁
11MF前澤 甲気
14MF普光院 誠
15MF菅井 拓也
10FW青木 翔大
29FW畑 潤基
Substitution Member
No.位置選手名
16GK牲川 歩見
5DF坂本 修佑
6MF沓掛 勇太
17MF太田 一輝
50MF染矢 一樹
9FW田中 直基
19FW石田 雅俊

ブラウブリッツ秋田Away
システム:

アスルクラロ沼津Home
システム:

データ
347シュート13112
8715GK532
112CK642
459直接FK1275
101間接FK101
101オフサイド101
000PK110
得点者49分 10.青木
52分 29.畑
60分 5.千田 → 17.韓
81分 20.青島 → 14.山田(樹)
81分 30.外山 → 13.平石
交代75分 29.畑 → 9.田中
86分 47.富田 → 50.染矢
90+2分 10.青木 → 17.太田
12分 30.外山
59分 11.久富
85分 9.中村
警告
退場者
観衆天候気温湿度ピッチ状態
5215人15.6℃57%中風全面良芝、乾燥

ブラウブリッツ秋田 試合後監督コメント

間瀬 秀一
監督
間瀬 秀一

前半、しっかりと前線からプレスをかけてくる沼津相手に、秋田の選手が強気に賢く、今季一番しっかりと最終ラインからボールを動かし、ゴールに迫るということができていました。長いロングボールから起点を作ってゴールに向かってくる沼津の攻撃に対しても、とても粘り強く守ることができていました。ですので、この試合が審判の誤審のPKによって先制点を取られる、そのような形で崩れてしまったことが大変残念に思います。人間なのでミスは起きると思いますから、その誤審のPKで先制されたことは現実なので仕方のないことですけども、その後、このハンデを跳ね返すほどの力は我々にはありませんでした。ですので、その後すぐにセットプレーでの失点。そしてその先は1点も返すことができなかったのが現時点での我々の実力です。今季私自身が打ち出したサッカーを、選手たちは本当に真摯に全力でピッチ上で表現してくれました。それでも何1つ今季成し遂げられなかったのは私自身が敗北としてしっかり受け止めたいと思っています。それでもこのサッカーでしっかりと勝負に勝つ、そにためにブラブリッツ秋田の全スタッフ・選手にとってはこの最終戦が未来へのスタートだと思っています。

質疑応答

2点先制されて、点をとらなければならない中で、戦術での変化などはあったのか?

ボールを動かしたりゴールに向かうことはある程度できていた部分もあるのですが、そこから得点が入るという形にはならなかったので、最後に2人の選手をサイドに投入し4-4-2に変えました。沼津は守備の堅いそういった意味では良いチームですので、崩しきってゴールを入れるということは難しいという判断から、しっかりとボールを保持し早めに質の高いクロスを入れることでこじ開けるプランでした。ただ、それさえも今日の自分たちはできませんでした。

監督となってから前半勝利が続き、後半連敗があった。勝ちが重ねられなくなった要因は?

ピッチに立つ選手のあらゆる要素の総合力が大切だと思っています。入れ替わり立ち替わり怪我人が出て自分たちが持っている全体のパフォーマンスが出せた試合と出せなかった試合には、大きく差があったと思います。また、最初に4連勝したのですけどその後すぐに負けたわけではなく、3引き分けがありました。よく言えば7戦負けなし、悪く言えば3戦引き分けで勝てていないところで、自分たちが上位に行くのかいけないのかという狭間になったわけです。そういった所の先ほど話した全体のパフォーマンスが足りなかったと思います。

監督となってからの成績は6勝4分6敗。満足していないか。

全くないです。目標は明確で白か黒かだと思っていますので、まず、ブラウブリッツ秋田というクラブがJ2ライセンスを取得し、昇格するかしないかの白黒で言うと昇格できませんでした。内容がどうとかそういうことは一切抜きで、満足するわけがありません。

来季については?

来季はクラブが発表していない以上私から何も言うことはできません。もしチャンスをいただければ大いにやれる確信がありますので、来季に向かいたいです。

※このページは1分毎に自動更新されます。携帯からご覧の方は更新ボタンを押してください。