J3 第27節FC東京U-23 VS ブラウブリッツ秋田

ブラウブリッツ秋田

試合終了
00前半01
0後半1

江東区夢の島競技場

FC東京U-23

FC東京U-23

Starting Member
No.位置選手名
1GK大久保 択生
22DF山田 将之
25DF小川 諒也
29DF岡崎 慎
31DFジャキット
7MF米本 拓司
27MF田邉 草民
28MF内田 宅哉
44MF品田 愛斗
19FW平岡 翼
23FW矢島 輝一
Substitution Member
No.位置選手名
46GK飯塚 欣士
54DF湯本 創也
40MF平川 怜
49FW久保 征一郎
   
   
   

ブラウブリッツ秋田Away
システム:

FC東京U-23Home
システム:

データ
538シュート743
336GK651
426CK945
6612直接FK1046
101間接FK312
101オフサイド312
000PK000
得点者49分 19.平岡
59分 13.平石 → 11.久富
69分 10.古田 → 9.中村
86分 18.藤田 → 16.遊馬
交代73分 31.ジャキット → 54.湯本
75分 19.平岡 → 40.平川
48分 14.山田(樹)
警告8分 23.矢島
22分 25.小川
退場者
観衆天候気温湿度ピッチ状態
1431人21.9℃51%弱風全面良芝、乾燥

ブラウブリッツ秋田 試合後監督コメント

間瀬 秀一
監督
間瀬 秀一

初めに、試合の総括ではありませんが、今日の試合がほぼ自分たちがJ2昇格を果たすためのラストチャンスだったと自覚しています。ブラウブリッツ秋田に関わる全ての方たちが同じ思いを持っており、私自身がこのクラブに今シーズン途中から来たその目的もJ2昇格のためでした。このような試合を落としたことに対し、本当に申し訳なく、また残念に思っています。

ただ、今日の試合に関してはこの1週間準備してきたことがFC東京U-23に対してやるべきことを選手たちはキックオフの瞬間から強気にボールを動かしゴールに迫るということをやったので、私自身、選手がやろうとしたそのプレーに関しては、一切後悔はありません。それでいての0-1の敗北なので、間違いなく我々の実力が足りていない。そこを自覚し、次に向かうことが大切だと思います。試合に関しては、FC東京の4-4-2の守備からボールを奪ってからのショートカウンターという狙いに対し、自分たちはしっかりと外と中を使った動かしから相手の最終ラインを突く、ただFC東京U-23の選手一人一人が身体能力が高く、どんなにボールを動かしても最後のラストパス、ひっかけたりとか最後の最後のゴール前のシュートのところはそう簡単に打たせてもらえないということが多く、ゴールを奪うことはできませんでした。

その中でもおそらくハーフタイムに彼らに何か手を打ったことがあったと思います。それによって少し押し込まれる時間帯が続き、我々の選手も立ち上がりからしっかりと戦っていたので少し疲弊してきた部分は大きかったと思います。その中から自分たちがシステムをもう1つ違う形にし、より前線に人数をかけられるようにしてからなんとか少しゴールに向かうこともできましたし、私の記憶でも3回は枠内にしっかりとシュートを打てれば入ったんじゃないかというチャンスはつくりましたが、そこも正直言うと技術が足りていない。しっかりとボールにミートすることができず、ゴールを決めることができませんでした。今日の試合に関してはそう思っています。

 

質疑応答

J2昇格に対してラストチャンスという自覚を持っていたということだが、勝ち点を伸ばせなかった。今後の残り試合のモチベーションは?

まず、大いなるモチベーションがあります。私自身が自分自身が打ち出したサッカーというものに対して信念があります。一切ぶれることなく積み上げる決意があります。ここまで勝ったり負けたり引き分けたりしたのですが、私自身が考えるサッカー、つまり、選手自身がやっていて喜びを感じ、また見ている人も喜びを感じるような攻撃的なサッカーは続けていくので、今やっている方向でさらにブラウブリッツ秋田の未来に向けて構築してきます。昇格は叶わないかもしれませんが、残り試合数多く秋田の皆さんと一緒に喜びを分かち合いたい。そのための取り組みを続けます。

選手たちは堅くなったりなど、精神的な違いがあったのか?

一切ありません。むしろ、彼らが強気に戦ってくれたことが、今私自身後悔をしていない理由です。

左サイドの外山について何度かチャンスをつくっていた。相手のメンバーを見ての起用だったのか?

私は今季途中から秋田の監督に就任して以来、ほとんど相手を見たことはありません。自分たちのサッカーを積み上げることを続けています。むしろ選手たちに、インテリジェンスをもってその都度対面した相手に対して賢い立ち位置をとって崩すという部分を求めています。もし、外山がサイドを崩せていたのだとしたら、普段の鍛錬の中から彼もしくは彼の才能で成したのだと思います。

※このページは1分毎に自動更新されます。携帯からご覧の方は更新ボタンを押してください。