J3 第15節ブラウブリッツ秋田 VS 鹿児島ユナイテッドFC

ブラウブリッツ秋田

試合終了
11前半01
0後半1

あきぎんスタジアム(秋田市八橋運動公園球技場)

鹿児島ユナイテッドFC

鹿児島ユナイテッドFC

Starting Member
No.位置選手名
13GKアン ジュンス
5DF平出 涼
6DF田中 秀人
15DF藤澤 典隆
26DF田中 奏一
8MF永畑 祐樹
22MF吉井 孝輔
38MF中原 秀人
16FW川森 有真
18FW野嶽 惇也
30FW萱沼 優聖
Substitution Member
No.位置選手名
1GK山岡 哲也
3DF谷口 巧
23DF水本 勝成
14MF西岡 謙太
17MF中原 優生
19FWキリノ
   

ブラウブリッツ秋田Home
システム:

鹿児島ユナイテッドFCAway
システム:

データ
707シュート990
099GK844
202CK541
8917直接FK1697
101間接FK312
101オフサイド312
000PK000
14分 7.前山
得点者81分 14.西岡
79分 13.平石 → 20.青島
85分 11.久富 → 16.遊馬
88分 7.前山 → 18.藤田
交代27分 16.川森 → 14.西岡
70分 30.萱沼 → 19.キリノ
50分 14.山田(樹)
警告19分 16.川森
退場者
観衆天候気温湿度ピッチ状態
2007名22.4℃71%中風全面良芝、乾燥

ブラウブリッツ秋田 試合後監督コメント

杉山 弘一
監督
杉山 弘一

1対1ということで勝ち点1のゲームですが、我々は勝ち点2を失ったゲームだと考えたいと思っています。今後、1対0の状態から無失点で1対0で勝ちきれるように、それから2点目を取れるような努力をしていきたいと思っています。もっともっとたくましいチームになれるよう努力を続けていきたいと思っています。次週、僕らは試合がありません。気を抜いてしまうとこの2018年J3リーグは下に順位が落ちて行ってしまうリーグだと思いますので、しっかり気を抜かず、もう一つレベルアップできるような厳しいトレーニングをしていきたいと思っています。


質疑応答

終了後、選手たちにどのような声をかけたのか?

今話したようなことです。しっかり勝ちきるためには練習をするしかない。もっともっとレベルアップをしていこう。ただ、今日で首位との差は離れたわけではなくまだまだ手の届くところにあるので、気を抜かないで続けていこう、という話をしました。

後半リズムが変わったように思う。要因は?

1つは、僕らの攻撃が後半少し出せなかったという所です。ただ一方で、鹿児島は首位のチームで、0対1で負けたまま90分終わるつもりはないでしょうから、相手が少し前に力を出してきたという部分もあると思います。

先制ゴールが入るまでの15分は攻撃の破壊力がすごく、やってきたことが出ていたように思う。評価は?

秋田の攻撃力は少しずつ育ってきている、レベルアップしてきていると思います。ですので、以前話したこともありますが、点が取れるか取れないか、大量得点が取れるか取れないかということはちょっとしたところだと思いますので、あまりナーバスになりすぎず、守備も攻撃もバランス良くやっていくということを続けていきたいです。点を取れると思います。しっかり勝ちきれると思います。ちょっとしたことだと思いますので、続けていきたいと思います。

ゴールは1点だったが、いい攻撃が出せたという手応えがあるか?

前半の入りは良かったと思います。もう1点オフサイドになりましたが、セットプレーからもチャンスを作れました。ただ、レフェリーがオフサイドと言ったところはしっかりリスペストして、そこも我々の良いところではあるので、相手をリスペクトするという所、サッカーをリスペクトするというところは続けていきたいと思っています。

後半相手に押し込まれたが、中々攻撃が出せない、こぼれ球をずっと拾われているような印象もあった。その要因については?

前半の初め、球際の部分をしっかり奪えていました。ただ、前半の途中、そして後半のある時間帯は奪われていたということがあったと思います。とはいえ、90分戦っていなかったかというと、選手たちはよくやってくれていたと思います。ただ、もっと拾える時間を長くしていくというところ、それから相手よりも走るというところは、もっともっとレベルアップしていく必要があると思います。それは、やはり2017年と2018年を比べたときに、J3のリーグはレベルアップしていると感じています。ですので、僕らもレベルアップしていかなければならないと思っています。

後半非常に相手にボールを持たれて引いている時間が多かった。失点したところでは、前から取りに行ったところでサイドからやられた印象がある。守るのか取りに行くのかの判断にはどうなっているのか?

後半1対0で勝っている状況から、まずは守備をしっかりし、1対0のままでもしっかり勝ちきれるようなサッカーををしようという話をハーフタイムにしました。その中で2点、3点を取っていけるように、そのことは全員で確認したつもりです。ただ、相手の攻撃の時間が少し長くなってしまいました。今日の試合の前にも選手たちに話しましたが、鹿児島は攻撃力があるチームですので、僕らが攻撃している時間を増やすことで相手の攻撃を消せる面があります。そういう意味では、前半はいい試合運びをしてくれたと思います。ただ、後半相手の時間帯が増えたということが、あのミドルシュートに繋がったのだと思います。もちろん局面ごとの反省は後でしますが、一番大きな要因は相手の攻撃時間が増えたということだと思います。

一番最初に勝ち点2を失った試合という話があったが、「もったいない」という印象か?

勝ちきらなければならないゲームだったと思っています。1対0で勝ちきる、これが秋田の形だと思います。それから2対0にしていく、それは僕らが今後課題にしていかなければならないことだと思います。勝ちきらなければならなかった、そこを僕らは目指していたいということの逆算から、勝ち点2を失ったと考えたいと思っています。もったいないとはあまり考えていないです。選手たちはよくやってたと思います。

守備の面では前線からのプレスや献身的なプレーが見られていた。その評価は?

守備面はよくやれていると思います。ただ、よくやれているからといって、結局1点失ってしまったらダメだと思います。僕らは常に勝ちを目指しているので、いいサッカーをしても負けたらダメだし、勝ち点1よりも勝ち点3の方が良いのは当たり前です。日々レベルアップしていると思いますが、1点失ったら、それはやはりダメだと言いたいと思います。僕自身にもダメ出しをしたいと思います。そう考えていただければと思います。

後半、ボールを奪いカウンターに出ているシーンが何度もあった。それが結果的にパスミスになってつぶれてカウンターを受けるというシーンがあった。結果論だが、もう一回カウンターを持ち直してというところを求められるということか?

カウンターにしても遅攻にしても精度だと思います。全体の精度を上げていくということが必要だと思います。僕らが今年目指しているところは、カウンターも打つ、ボールを保持して押し込んでいくこともする、守備でがっちりと守る、前からのプレッシング、セットプレーから点を取る、全てです。そのような全てやるサッカーを目指している中で、どれかだけということではなく、全ての精度を上げていく必要があると思います。たくさんの事をやるからといって、僕らの良さのハードワークがなくなってはいけないと思います。ハードワークがベースにある中で、色々なことをやっていきたいと思います。そういう意味では、その速く攻めるということの精度を上げていく必要があると思います。

※このページは1分毎に自動更新されます。携帯からご覧の方は更新ボタンを押してください。