J3 第10節FC琉球 VS ブラウブリッツ秋田

ブラウブリッツ秋田

試合終了
00前半00
0後半0

沖縄県総合運動公園陸上競技場

FC琉球

FC琉球

Starting Member
No.位置選手名
1GK朴 一圭
2DF増谷 幸祐
5DF徳元 悠平
22DF瀧澤 修平
25DF金 成純
4MF知念 雄太朗
8MF小松 駿太
9MF富樫 佑太
10MF富所 悠
16MF枝本 雄一郎
13FW中川 風希
Substitution Member
No.位置選手名
17GK積田 景介
23DF屋宮 大地
26DF新井 幹人
7MF朴 利基
27MFカルボン
11FW播戸 竜二
20FW福田 愛大

ブラウブリッツ秋田Away
システム:

FC琉球Home
システム:

データ
268シュート743
5510GK16115
202CK523
6612直接FK725
000間接FK000
000オフサイド000
000PK000
得点者
75分 11.久富 → 16.遊馬
83分 7.前山 → 19.吉平
交代HT 10.富所 → 27.カルボン
83分 27.カルボン → 11.播戸
警告63分 2.増谷
71分 27.カルボン
退場者
観衆天候気温湿度ピッチ状態
1791人25.4℃71%弱風全面良芝、水含み

ブラウブリッツ秋田 試合後監督コメント


監督
杉山 弘一

まずは、この遠い沖縄まで来てくれた秋田のサポーターの皆さんに感謝したいと思います。また、FC琉球のサポーターの皆さんがたくさんいらしていただきました。さらに、素晴らしいピッチでした。芝生もよく、気候もよく。そんな環境の中で試合をできたことに感謝したいと思います。

ゲームについてです。前節、北九州との試合で、無失点という目標が達成できました。今回のゲーム、このFC琉球というとても大きな攻撃力を持った相手に対し、我々が守備の部分でどれだけ挑戦できるかという課題を持って臨みました。監督が「失点ゼロでいこう」と言うことは簡単ですが、ピッチの選手たちが一歩・一メートルの所を死に物狂いで頑張ってくれ、失点ゼロで押さえられたということはとても大きいと思います。

ハーフタイムに以前の試合がよぎりました。ホーム開幕戦の福島とのゲーム、同じように0-0でお互い点が取れないまま後半に進んでいきました。後半の最後にニウド選手にセットプレーから決められのたですが、我々はそこから成長をしなければならないという話をしました。福島との時は悔しかった。今日のゲームは我々が勝つのだ。そんな話をしました。後半、点が取れませんでしたが、福島との0-1で負けたゲームからまた一歩前に進んだのかなと思います。次回またこういった厳しい0-0で進んでいくゲームがあったときには、勝ちきれるような準備をしていきたいと思います。また、今日の試合の後半、多くの選手について、リミッターが外れたようなプレーが見られたと思います。そのようなものを大事にしつつ、一戦一戦成長できるようなゲームをこれからもやっていきたいと思います。

質疑応答

琉球と対戦するに当たり、思い描いていたプランに対して上手くいった点、上手くいかなかった点は?

相手はとても攻撃的なチームです。ボールを動かしながら、GKも簡単にロングボールを蹴らない。そこをまずは消していこうと。守備の部分は前半から上手くいっていたと思います。幾つかボールを繋がれることはありましたが、最後の最後で我々のゴールに近づいてくることは阻止できたと思います。そこはプランに近いかたちのゲームができたと思います。ただ、できればもう少し我々がボールを持つ時間帯をつくれたら良かったと思います。そうしたら体力的にも苦しまずにすんだかなと。そういう意味では、我々も同じサッカーを目指すということではなく、もっとフィフティー・フィフティーでボールを持つことができ、その後のボールを動かすことができればもっと優位なゲームになったと思います。

セカンドボールを触れなかったか?

セカンドボールは結構今日触れたのですが、相手のプレッシャーも早かったので、そのボールをゴールに近づけていくというところで100点ではなかったと思います。

リミッターが外れたようなという表現があったが、今節はターニングポイントになるような試合となると思うか?

ここ数試合、非常に成長しているという実感があります。今日のゲームも本当に成長しているなという実感が僕自身ありましたので、ここ数試合がターニングポイントとなりながら、今後もっともっと右上がりになっていけるようなゲームを続けていきたいと思います。

※このページは1分毎に自動更新されます。携帯からご覧の方は更新ボタンを押してください。