MATCH RESULTS

2019 明治安田生命 J3リーグ 第27節

AWAY

ブラウブリッツ秋田

2-1

HOME

福島ユナイテッドFC

日時2019.10.19. Sat  14:00
場所Jヴィレッジスタジアム

HIGHLIGHT DATAハイライト動画・試合データ

Starting Member
位置No.選手名
GK1堀田 大暉
DF3阪田 章裕
DF4宇佐美 宏和
DF6輪笠 祐士
DF14星 広太
MF10橋本 拓門
MF23田村 亮介
MF27池田 昌生
MF40樋口 寛規
FW9武 颯
FW39雪江 悠人
Substitution Member
位置No.選手名
21GKイ ユノ
15DF石堂 圭太
19DF河西 真
31DF東 隼也
29MF吉永 大志
18FW小牟田 洋佑
20FWイスマイラ
AWAY
ブラウブリッツ秋田
HOME
福島ユナイテッドFC
福島ユナイテッドFC
日時
2019.10.19 Sat 14:00
場所
Jヴィレッジスタジアム
データ
6612シュート201010
11920GK1073
224CK761
336直接FK1055
112間接FK110
112オフサイド110
000PK000
19分 9.中村
89分 13.林
得点者36分 39.雪江
HT 25.北原 → 8.和田
74分 6.藤山 → 13.林
78分 29.夛田 → 22.沖野
交代70分 27.池田 → 18.小牟田
81分 39.雪江 → 20.イスマイラ
警告26分 6.輪笠
退場者
観衆天候気温湿度ピッチ状態
436人20.1℃90%弱風全面良芝、水含み

LIVE SCORES試合速報

※このページは1分毎に自動更新されます。携帯からご覧の方は更新ボタンを押してください。

COMMENT監督コメント

この試合に向けての今週の練習初日、一番最初のミーティングで選手・スタッフに話をさせてもらいました。

同じ東北でも台風大雨は秋田までは届かなかったです。ですので、我々は選手・スタッフは秋田で何不自由なく生活・サッカーができています。その中で今週の試合はたくさんの方が被災された福島に乗り込むということで、まずそこの気持ちの違い、気持ちの差があってはこの試合は勝負にならないと私自身は思いました。ですので、まずは私自身そしてスタッフ・選手とそのことをしっかりと打ち合わせました。そして臨んだ今日の試合が本当に最後まで諦めずに、福島の選手・スタッフそして秋田の選手・スタッフがこの試合のもつ大きな意味を感じながら最後までしっかりと戦ったと思います。

この試合に向けては今日の試合前のミーティングでも、我々ブラウブリッツはまずはもちろん自分のサッカー人生で自分のために、そして秋田のサポーター、自分たちがサッカーをする場を与えてもらっているブラウブリッツ秋田のために、そして今日この大変な中でもこの試合に関わる、この試合を観戦することを選んでくれた福島の人々のためにも、自分たちは全力を尽くす。その決意を持って試合に臨みました。

今日の勝負を分けたのは本当に小さな少しの差だったと思います。それでも全力で戦った先に自分たちはもちろん勝利を目指していたので、しっかりと最後に2ゴール目を奪って勝利できたことは嬉しく思います。


質疑応答

福島は攻撃陣が好調だった中で、秋田の守備陣が集中して抑えていた。守備のポイントは?

なんとか勝利に持ってくまで守り抜いたのですけど、実はこの守備は簡単ではなくて、我々はもちろん分析をして試合に臨むわけですけど、今日の福島の選手たちの我々のゴールに迫る攻撃のパフォーマンスが高くて容易ではなかったです。
正直言うと、1対1で折り返してハーフタイムに選手たちが戻ってきた時に、かなりネガティブな言葉だとか、選手同士が言い合うような場面がありました。それほど我々は福島の選手たちの攻撃に悩まされました。
ただ私自身がここがポイントだと思って選手たちに伝えたのは、同じくプレス・アプローチでも取れないだろうと思って一人が行くのと、絶対俺が止めてやると思ってアプローチをかけるのでは全然結果が違う、と。まずはその一人一人がボールを持った選手に対して寄せる、その気持ちの部分と、もう一つは戦術的なアプローチのタイミング。一つ一つスピーディーな相手のパス回しに対しては一人一人のアプローチが遅れていたので、そのタイミングをしっかりと打ち合わせました。
もう一つ、あれほど流動的にボールを浮かす福島相手に自分たちは、私自身も全局面の話はできないので、しっかりと自分たちの中で守備の優先順位というものを確認して、一つ目に守る場所、二つ目に守る場所、そういうことを確認しあって後半に臨みました。それでもやっぱり試合に勝つには攻撃しないといけないので数はそんなに多くなかったのかもしれないですけどもやはり最後に点を取れたことは本当に良かったですし、
あと、話す順番がおかしいですけども、松本が2ゴールを止めたと思います。

MATCH PREVIEW試合について

東北クラブとして何かを届ける、そして勝ち点3を

ブラウブリッツ秋田は前節・ホームでJ3リーグ首位のザスパクサツ群馬と対戦した。2点差を追いつく粘りを見せたが、ドロー決着となり上位陣との勝ち点差を詰めることが出来なかった。昇格を目指すために可能性がある以上、前を向き目の前の一戦に勝利し続けることしかブラウブリッツ秋田には残されていない。起用法は不明ではあるが、前節で待望の移籍後初ゴールを決めたFW13林容平に期待したい。抜群のキープ力を武器に前線でタメを作れ、基点にもなれる林はトレーニングでもゴールネットを揺らすなど、調子は上向きであろう。 台風19号は福島県に甚大な被害を与えた。サッカーを通じて「勇気・希望」を与えることが我々の役目でもある。東北クラブ同士の一戦は、これまで以上に熱い90分になること必須だ。

TICKETチケットについて

チケット情報については、Jリーグチケットをご覧ください。