MATCH RESULTS

2017 明治安田生命 J3リーグ 第6節

AWAY

ブラウブリッツ秋田

6-1

HOME

FC琉球

日時2017.04.30. Sun  17:00
場所タピック県総ひやごんスタジアム

HIGHLIGHT DATAハイライト動画・試合データ

Starting Member
位置No.選手名
GK17積田 景介
DF2増谷 幸祐
DF3西岡 大志
DF8藤澤 典隆
DF11才藤 龍治
MF4知念 雄太朗
MF6田辺 圭佑
MF9富樫 佑太
MF10富所 悠
MF28名倉 巧
FW18前田 央樹
Substitution Member
位置No.選手名
29GKイ キョンテ
13DF濱田 克大
7MF朴 利基
19MF崔 炳吉
14FW上門 知樹
16FW山内 達朗
23FW山川 デション諒
AWAY
ブラウブリッツ秋田
HOME
FC琉球
FC琉球
日時
2017.04.30 Sun 17:00
場所
タピック県総ひやごんスタジアム
データ
459シュート853
6511GK413
202CK633
4711直接FK844
000間接FK422
011オフサイド422
011PK000
2分 6.有薗
39分 7.前山
49分 11.久富
57分 29.田中
61分 29.田中
76分 14.山田(樹)
得点者74分 28.名倉
62分 20.青島 → 14.山田(樹)
77分 29.田中 → 17.堺
82分 8.藤山 → 10.日髙
交代46分 9.富樫 → 7.朴
63分 18.前田 → 16.山内
警告60分 3.西岡
退場者
観衆天候気温湿度ピッチ状態
3789人23.4℃51%弱風全面良芝、乾燥

LIVE SCORES試合速報

※このページは1分毎に自動更新されます。携帯からご覧の方は更新ボタンを押してください。

  • 試合終了です。ブラウブリッツ秋田が勝利、J3リーグ首位に立ちました!
  • 90+4分、FC琉球にペナルティエリア内にボールを持ち込まれるも、シュートは打たせず。
  • 90+2分、琉球ペースでの展開が続いています。守り切りたいところ。
  • 後半アディショナルタイムは4分です。
  • 85分、中盤でボールを奪われ山内にフリーでシュートを打たれるも小澤がキャッチ!
  • 84分、左サイド山田(樹)のクロスに堺がシュートしようとするもGKがキャッチ。
  • 83分、FC琉球 カウンターから山内がシュートも小澤がキャッチ。
  • 選手交代 82分 ブラウブリッツ秋田 8.藤山10.日髙
  • キッカーのボールは久富がクリア。
  • 80分、FC琉球のフリーキックです。ゴール右斜め25メートル付近。
  • 選手交代 77分 ブラウブリッツ秋田 29.田中17.堺
  • 田中の左からのクロスをゴール左の山田(樹)がシュート!6得点目を決めました。
  • G O O O A L ! ! 76分 ブラウブリッツ秋田 14.山田(樹)
  • 74分 FC琉球 28.名倉 のゴール右からのシュートが左ポストに跳ね返りゴールラインを割る。1点を返されました。
  • 本日の来場者数は3789人です。
  • ゴールエリア内へのボールは相手にクリアされる。
  • 71分、ブラウブリッツ秋田のフリーキックです。ゴール左斜め、タッチライン際。
  • キッカーのクロスは有薗がヘディングでクリア。
  • 70分、FC琉球の右コーナーキックです。
  • 69分、FC琉球 左サイドのクロスから富所がグラウンダーのシュートも小澤がキャッチ。
  • 66分、FC琉球 富所のミドルシュートはクロスバーの上。
  • 選手交代 63分 FC琉球 18.前田 → 16.山内
  • 山田(樹)はリーグ戦デビューとなります。
  • 選手交代 62分 ブラウブリッツ秋田 20.青島14.山田(樹)
  • ゴール左隅へ冷静にシュート。5得点目を決めました。
  • G O O O A L ! ! 61分 ブラウブリッツ秋田 29.田中
  • キッカーは田中です。
  • 久富のシュートが手に当たりハンド。PKとなりました。
  • 「イエローカード」 60分 FC琉球 3.西岡に警告です。
  • 山田からの右クロスを前山が頭で落とし、田中が相手を背負いながら振り向きシュート!4点目を決めました!
  • G O O O A L ! ! 57分 ブラウブリッツ秋田 29.田中
  • 続くコーナーキックは小澤が片手でクリア!
  • 55分、FC琉球ゴールライン際からの低い左クロスは有薗がクリア。
  • 53分、細かいパス回しから最後は藤山がシュートもボールはゴール右。
  • 青島が相手からボールを奪い左サイドから田中がドリブルで駆け上がるとゴール正面の久富へ。相手DFを背負いながらシュート!3点目を決めました。
  • G O O O A L ! ! 49分 ブラウブリッツ秋田 11.久富
  • 後半が始まりました。
  • 選手交代 46分 FC琉球 9.富樫 → 7.朴
  • 前半終了です。
  • 前半アディショナルタイムは1分です。
  • 44分、山田のクロスに前山が飛び込むもGKがキャッチ。
  • キッカーのボールにゴール正面でヘディングを合わせられるも、ボールはゴールマウス右へ。
  • 43分、FC琉球の右コーナーキックです。
  • 前山が相手にプレスを仕掛けボールを奪うと、左の田中へ。再度前山に戻すとダイレクトでシュート!追加点を決めました!
  • G O O O A L ! ! 39分 ブラウブリッツ秋田 7.前山
  • 35分、中央へのボールを有薗がクリア。FC琉球 富所がこぼれ球をシュートもゴールを大きく外れる。
  • ニアへのボールは前山がクリア。こぼれ球を才藤にシュートされるもボールはゴール左へ。
  • 25分、FC琉球の右コーナーキックです。
  • ファーへのボールにFC琉球 増谷が足で合わせるもボールはゴール右へ。
  • 21分、FC琉球の左コーナーキックです。
  • 20分、FC琉球の左からの低いクロスはクリア。さらにボールをつながれペナルティエリア内に右からのクロスをいられるも有薗がヘディングでクリア。
  • 19分、FC琉球にペナルティエリア内にボールを持ち込まれるも3人で囲んでシュートは打たせず。
  • 18分、青島がボールを奪い中盤で前山い繋ぐと縦のロングボール。ゴール前の久富にはつながらずGKがキャッチ。
  • キッカーのボールは壁に当たり落ちて転がりゴールへと向かうも小澤がキャッチ。
  • 15分、FC琉球のフリーキックです。ゴール右斜め30メートル付近。
  • 12分、FC琉球の左クロスは小澤がキャッチ。
  • 前山のゴール前へのボールは空いてDFにクリアされる。
  • 11分、韓からのロングボールに深井がヘディングで合わせるもクリアされる。ブラウブリッツ秋田の左コーナーキックへ。
  • 10分、FC琉球の左クロスからのヘディングは枠を捉えきれず。
  • キッカー古田のボールは流れてゴールラインを割る。
  • 8分、久富がドリブルからペナルティエリア内に入り込むもクリアされる。ブラウブリッツ秋田の右コーナーキック。
  • 7分、ブラウブリッツ秋田の深い位置でのスローイン。ゴール左で田中がキープしクロスもボールは流れる。
  • 天候は快晴、気温は24.4℃。前半は追い風での試合となります。
  • 有薗はリーグ戦3戦連続でのゴールとなります。
  • 前山のフリーキックにゴール正面の有薗がヘディングで合わせました!
  • G O O O A L ! ! 2分 ブラウブリッツ秋田 6.有薗
  • 1分、ブラウブリッツ秋田のフリーキックです。ゴール左斜め。
  • 「ボール」FC琉球 のキックオフで試合が開始されました。
  • スターティングメンバーが発表されました!

COMMENT監督コメント

試合を振り返る前に、この沖縄のピッチは素晴らしいです。ものすごく芝がきれいで、平らで、雰囲気もある。それから、たくさんの方、沖縄のサポーターの方に今日来ていただきました。秋田のサポーターにも来ていただきました。まずはそこに感謝したいと思います。選手はやっぱりそういうピッチ・サポーターの中でやれるのを一番うれしく思いますので、そこにありがとうございますと言いたいと思います。

我々、ブラウブリッツ秋田は結果が出ていますけれども、その理由の一つに選手が一生懸命やってくれているということがあります。今日ここに来ていない選手たちも、トレーニングの中で仮想・FC琉球として相手をしたりと、一生懸命やってくれています。我々スタッフは決して多くはないです。でも、その中でコーチたちが相手を分析してくれたり、トレーニングのメニューを考えてくれたり、一生懸命やってくれています。コーチ兼任で主務をやっている人間もいます。細かなところ、ミスなくやってくれています。トレーナー1人で選手たちの怪我を一生懸命ケアしています。フロントスタッフも必死になってやってくれています。そういうこと全てが結果に結びついているのかな、と。僕自身、今、監督をやっていて楽しいですし、すごくやりやすいです。そんな、皆が必死になってやっていくということを、この状況で満足するのではなく、続けていかなければならないと感じています。

試合に関しては、いい時間帯に点が入って、我々の目標としている色々な形からゴールを取るというところ、そこが今日はできたので非常に満足しています。選手もよくやってくれたと思っています。ただ、いつも言っている失点のところ、僕は詳しくもう言いませんけれども、僕以上にやっていた選手たちが悔しい思いをしていると思います。ゼロで抑えられなかったこと、そこは選手たちが次の試合に向けてまたトライしてくれると思いますし、6-1で勝ったからといって浮かれて帰ることはないと思いますので、僕はそこについてあまり詳しくは言わないでおこうと思います。


質疑応答

5戦で4勝1分と好調だが、改めて今季のプレースタイルを教えてもらえるか?

しっかり堅く守って、色々な形から攻める、というところです。堅守多攻ですね。多い時間攻撃していたいと思いますし、多くのバリエーションから点を取っていきたいなと思っています。そういうスタイルが今やれてきているので、まだまだ勝って反省してもっともっと強いチームに、強い選手になっていかなければならないなと思いますが、そこが今、順調に進んでいると思っています。

Jデビューを果たした山田樹についての評価は?

彼を送り出すに当たって、まずは守備をしっかりしようと。相手の右サイド・山田樹側が分厚い攻撃を仕掛けてきていたので、そこにフレッシュな人間を入れてやらせないということの指示はしっかりやってくれたと思いますし、点を取るとは思いませんでしたけれども、ゴールを上げてくれたというところでは合格点を与えられるのかなと思います。ただ、もっとやれる選手ですし、もっともっと高いところを目指してほしいと思います。
それ以外にも、ほかに2名の選手が交代で入りました。いいところが出た部分がありますし、スタートで出られるような、スタートの選手たちを脅かしていくような貪欲にプレーを、今日に限らずトレーニングも、出場機会があれば次の試合でも続けてほしいと思います。

割って入る力は存分にある選手か?

そうですね。やっぱりそうなっていかなければならないと思います。今日出た選手たちだけではなく、今日ベンチにいてバックアップ・サポートをしながら出られなかった選手も何人かいます。秋田にいて今日来ていない選手もいます。そういう選手たちが、誰が出ても変わらない、もっと言ったら俺が出たらもっといいチームにしてやるんだ、という層の厚いチームになってこないと上位は目指していけないのかなと思っていますので、そこは緩めてはいけないと思っています。

FC琉球に対しての対策と、その対策は実際にどう機能したか?

FC琉球の選手たちは個々の能力が高いと思います。ドリブルもパスもでき、一人で点を取ることもできる、そういう選手が何人かいるチームということで、まずはドリブルなのかパスなのかというところに必死になりすぎずに気をつけようという感じで入りました。前半の序盤だとか、最後の方で点を取りに来た時などに、FC琉球さんのそういったいい部分が出てきたと思います。ですので、勝ってはいましたけれども、実はちょっとヒヤヒヤしながら見ていました。そういう力を持ったチームなので、今年もう一戦ありますから、油断はできないと思っています。いいチームだと思っています。

ブラウブリッツ秋田は、FC琉球のパスをカットしつつも、ボールを持つと奪われていない印象を受けた

もっと相手のパスを止めなければならなかったと思いますし、結構やられたと思っています。そういう意味では、うちの選手もよくやってくれましたけれども、次の試合も気を抜けないなというところがあります。必死になってくると思いますから、僕らもそれを受けるのではなく、もっと強いチームになって次の対戦を迎えたいなと思います。

TICKETチケットについて

チケット情報については、Jリーグチケットをご覧ください。