MATCH RESULTS

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会1回戦

HOME

ブラウブリッツ秋田

2-0

AWAY

ヴァンラーレ八戸

日時2016.08.27. Sat  13:00
場所あきぎんスタジアム(秋田市八橋運動公園球技場)

HIGHLIGHT DATAハイライト動画・試合データ

Starting Member
位置No.選手名
GK21松本 拓也
DF4深井 脩平
DF13新里 彰平
DF43下田 光平
MF6日髙 慶太
MF20青島 拓馬
MF24山田 尚幸
MF32浦島 貴大
FW7前山 恭平
FW9呉 大陸
FW11久富 賢
Substitution Member
位置No.選手名
野村 政孝GK1
韓 浩康DF3
熊谷 達也MF8
比嘉 諒人MF36
遊馬 将也FW16
   
   
Starting Member
位置No.選手名
GK1山田 賢二
DF3成田 諒介
DF4岡田 祐政
DF21須藤 貴郁
MF2児玉 昇
MF5菅井 拓也
MF8菅井 慎也
MF10新井山 祥智
MF18高見 啓太
FW11村上 聖弥
FW19佐々木 航
Substitution Member
位置No.選手名
33GK田中 賢治
28DF舛沢 樹
7MF李澤 忍治
9FW吉川 翔梧
23FW西村 啓
   
   
HOME
ブラウブリッツ秋田
AWAY
ヴァンラーレ八戸
ヴァンラーレ八戸
日時
2016.08.27 Sat 13:00
場所
あきぎんスタジアム(秋田市八橋運動公園球技場)
データ
437シュート431
336GK1385
123CK413
459直接FK853
101間接FK541
000オフサイド541
000PK000
12分 32.浦島
59分 9.呉
得点者
交代62分 19.佐々木 → 7.李澤
79分 18.高見 → 23.西村
警告
退場者
観衆天候気温湿度ピッチ状態
603人27.7℃53%全面良芝、乾燥

LIVE SCORES試合速報

※このページは1分毎に自動更新されます。携帯からご覧の方は更新ボタンを押してください。

  • 試合終了です。ブラウブリッツ秋田が2回戦に駒を進めました!
  • こぼれ球を久富が運び、ペナルティエリア左の浦島に繋いでシュートもGKに弾かれる。
  • キッカーのボールは新里がクリア。
  • 90+1分、ヴァンラーレ八戸のフリーキックです。ゴール右、15メートル付近。
  • 後半アディショナルタイムは2分です。
  • 89分、長いボール回しから前山が相手をかわし浦島、日髙と繋ぐも、前線へのパスはタイミングが合わず。
  • 85分、ヴァンラーレ八戸 ペナルティエリア内への低いクロスは松本がキャッチ。
  • 85分、右サイドから下田がドリブルでつなぎ中央の青島へ。シュートは枠を外れる。
  • キッカーのボールにヘディングであわせられるも、ボールは枠を外れる。
  • 82分、ヴァンラーレ八戸にペナルティエリアまでボールを持ち込まれるも、新里がクリア。右コーナーキックへ。
  • 日髙のボールにゴール前の深井が頭で合わせるも、ボールはクロスバーを超える。
  • キッカー日髙の蹴ったボールは相手にクリアされ左コーナーキックへ。
  • 80分、ブラウブリッツ秋田のフリーキックです。ゴール斜め右30メートル付近。
  • 選手交代 79分 ヴァンラーレ八戸 18.高見 → 23.西村
  • 松本から「間延びしている時間だぞ。意識しろ」という檄が飛んでいます。
  • 74分、日髙からのパスをカットされ、ペナルティエリア手前にボールを出されるも、相手FWが足を取られシュートは打てず。
  • 本日の入場者数は603名です。
  • 67分、下田、日髙、浦島と右サイドをつなぎ前山へボールを送るもオフサイド。
  • 65分、ヴァンラーレ八戸 右サイドからのクロスは浦島がクリア。
  • 64分、右サイド浦島からのクロスを日髙がヒールパスで繋ぐも、ペナルティエリア内青島が倒れてシュートは打てず。
  • 62分、ヴァンラーレ八戸にディフェンスの隙からグラウンダーのシュートを打たれるも松本がキャッチ。
  • 選手交代 62分 ヴァンラーレ八戸 19.佐々木 → 7.李澤
  • キッカーのボールは松本がキャッチ。
  • 60分、ヴァンラーレ八戸のフリーキックです。ゴール正面やや左、30メートル付近。
  • 59分、松本のロングフィードから浦島が前線へボールを送るも、呉とは僅かに合わずGKがキャッチ。
  • キッカー青島のショートコーナーから日髙がクロス。呉がヘディングで合わせました!
  • G O O O A L ! ! 59分 ブラウブリッツ秋田 9.呉
  • 58分、下田から呉へつなぎ、ライン際からクロスを入れようとするも相手にクリアされる。ブラウブリッツ秋田の右コーナーキック。
  • 50分、自陣内でこぼれ球を拾った前山から呉へのロングパス。呉がためをつくって久富につなぎシュートもクロスバーを超える。
  • 後半が始まりました。両チームとも交代はありません。
  • 前半終了です。
  • 日髙のキックを右サイド浦島が落とし、繋ごうとするもファウル。
  • 44分、ブラウブリッツ秋田のフリーキックです。ゴール正面屋や左、45メートル付近。
  • 40分、日髙が中央でボールを奪われシュートされるも、新里がブロック。
  • 38分、ブラウブリッツ秋田のスローインから日髙と下田のパス交換。日髙から前線の呉にロングボールが通り、相手をかわしシュートも、枠は捉えきれず。
  • キッカー青島のボールはクリアされる。
  • 35分、新里から前線の呉につなぎ、ペナルティエリア内ゴール右よりシュートも相手にクリアされる。ブラウブリッツ秋田の右コーナーキック。
  • 34分、新里から久富につなぎ、山田がドリブルで相手をかわし左サイドの浦島がクロスを入れるもGKがキャッチ。
  • 青島と浦島がポジションを交換しています。
  • 29分、ヴァンラーレ八戸の左コーナーキックは呉がヘディングでクリア。
  • 続くコーナーキックはヘディングであわせられるも、ボールはクロスバーを僅かに超える。
  • 25分、ヴァンラーレ八戸にゴール右タッチライン際から切り込まれそうになるも、日髙がスライディングでクリア。
  • 日髙が直接狙うもGKがキャッチ。
  • 20分、青島が倒されブラウブリッツ秋田のフリーキック。ゴール正面やや左20メートル付近。
  • 18分、山田から左サイド呉へのロングボール。ドリブルで中に切り込みクロスも合わず。
  • 17分、パスミスからボールを奪い返し、日髙から前線の久富にスルーパスもオフサイド。
  • 15分、パスミスから相手にボールを奪われるも深井がスライディングでボールを取り返す。
  • キッカーのボールは松本が体を投げ出してパンチングし、クリア。
  • 13分、ヴァンラーレ八戸の右コーナーキックです。
  • 右サイド日髙のクロスから浦島がトラップしシュート!先制点を奪いました!
  • G O O O A L ! ! 12分 ブラウブリッツ秋田 32.浦島
  • 10分、浦島からペナルティエリア左の呉へロングボールが通るも、相手DFに寄せられボールはタッチラインを割る。
  • 6分、前山から右サイドを飛び出した浦島へ。再度前山に戻しクロスを入れるもGKにキャッチされる。
  • 4分、ペナルティエリア左で青島が裏に抜けるも、ゴール前へのクロスはタイミングが合わず。
  • 2分、下田の右サイドのクロスは相手DFにクリアされる。
  • 「ボール」ヴァンラーレ八戸 のキックオフで試合が開始されました。
  • スターティングメンバーが発表されました!

COMMENT監督コメント

天皇杯1回戦。このホームあきぎんスタジアムで、ブラウブリッツ秋田に関わる全ての人たちと喜びを分かち合えたことを本当にうれしく思います。今日に至っては、戦い抜いた選手たちを誇りに思いますし、ピッチに立ってないうちの選手たち、スタッフ、全員の力で勝ち取った試合だと思います。


質疑応答

点差以上に実力差があったと感じたが、逆にその分、2得点は寂しくも感じた

僕自身は全くそう思っていないんですね。1つ目の「全くそう思っていない」は、実力差以上に自分たちがボールを動かせたと思っていないですし、だからこそ得点が少ないとも思っていない。理由を上げると、まずヴァンラーレ八戸とは昨年3度か4度、練習試合をして我々は一度も勝利していない。次に、今季ヴァンラーレ八戸はJFLで一番失点が少ない、戦える選手がそろっている。そして、間違いなく監督ですよね。ヴァンラーレ八戸の監督は私よりも経験が豊富で、もちろん年齢も踏まえてしっかり指揮が執れる人なので。
まずはそういうことを踏まえて、自分たちがその実力差というか、実力で自分たちが上だという意識は試合を始める前からなかった。ただ私が思っていたことは、サッカーは90分間+アディショナルタイムで戦えるかどうかということが重要で、前半は大いにサッカー選手の戦い、サッカーという競技の争いとしてはブラウブリッツ秋田もヴァンラーレ八戸もほとんど差がないんだと、そういうことが見られたと思います。その中でももちろん、1点をとった自分たちの選手というのは賢くやりきったと思います。ただ後半に入って、その持っている能力、やれることが90分+アディショナルタイムで続けられるかどうかというところで、差が出たのだと思います。

後半はゴール前で選手同士の意思が合っていないように見えたが

対戦相手があってやっていることなので。もう一度言いますと、JFLで一番失点が少ないヴァンラーレ八戸の守備があっての攻撃だった。それに対して、2点以上を崩し切って点を取れていない(※2点目は流れの中ではなく、セットプレーからの得点)というところは、自分たちがまだ持っていない力であるし、そういう意味ではまだこれから自分たちがトライしていかなくてはいけないことなのかなと。大量得点を取らないといけないのであれば、4点、5点取るだけの能力を付けていきたいと思います。

次はJ1の川崎フロンターレとの試合になる。結果も含めてどういう戦いをするか

天皇杯秋田県予選決勝の猿田興業と試合をする前、準備の1週間前から自分たちが思っていたことは、川崎フロンターレに勝つということです。そこから逆算しての猿田興業戦、そして今日の試合。ですので、今日の試合で自分たちが足りないところをどこまで川崎フロンターレ戦に持っていけるか。この1週間でしっかりと準備したいと思います。

前半の一点は貴重な1点だったが、ゲームにどのような影響を与えたか

そこが重要なポイントで、実はあの1点が先に取れなければヴァンラーレ八戸の選手の体力が90分持ったのかもしれない。あの時間帯でゴールが生まれたことによって、ヴァンラーレ八戸の選手が自分たちでボールを奪って、そして攻撃に出て、攻撃が終わればまた戻るという、彼らにとってはしんどい展開になったと思います。ですので、立ち上がりから力を発揮してくるだろう相手に対してうちの選手たちがいい入りをして、あの時間帯で思い切ったプレーからゴールを入れられたのは本当に大きかったと思います。

交代のカードを一枚も切らなかった。ゲームの流れ的にカードを切りにくかったのか、それともこのままいった方がいいと判断したのか?

全部ですね。1つはどんなに2-0でリードしていても、残りが10分だろうが、5分だろうが、ロスタイムだろうが、まず私の中でこの試合が勝てるとは思っていなかった。最後に1点を取られて、もう1つセットプレーでもなんでも1点入って同点になって。もし、最後に同点になる、延長戦になる展開になれば、思い切って元気な3人を投入するつもりでした。それと同時に残り時間が少なくなってきて、それでも選手がピッチ上で戦えている、このまま2-0で勝ち切るのであれば、ここはJ3を代表して、J3のチームとJFLのチームとの格の違いを見せたいと思っていました。それはスタートの11人で2-0で勝ち切ると、つまりサッカーは90分+アディショナルタイムであって、その中で隙を見せない、その中で勝ち切ることが必要だということを全ての人に見てもらいたいと思っていた。こんなことを言ってますけど、これは勝てたから言えることで、追いつかれたり、負けることだってあるわけです。そういうことが起こればすべて私の責任ですし、今日はピッチ上の11人を信じ切った私の判断が当たったということです。

川崎フロンターレはJ1で首位。今の日本のプロサッカー界でトップのクラブにチャレンジできる権利を得た。クラブの歴史においても財産になると思うが、どんなチャレンジをしたいか。

本当にその通り。秋田の人たち全員にとって、この試合ができるということは財産です。ただ、先ほどからどのような戦いとかいった内容の話が多いですが、勝負事は勝ってこそですし、勝ち方も逆算ですよね。なのであくまでも勝利するということ、その可能性が何パーセントあるのかわかりませんが、相手の川崎フロンターレに勝つというところから逆算して必要な守備と攻撃をやりたいと思います。

今日得点を決めた浦島選手・呉選手は秋田県決勝でも得点を挙げている。

サッカーはうまい下手だけではないと思うんですよね。あの2人というのは身体的に恵まれているというか、身体的に自分の体の強さとか、一瞬のスピードを生かす、そういう方法を知っているのだと思います。彼らにとってはまだまだ、普段からのプレーも、得点を取るところも足りない部分が山ほどあるのですけれども、自分の持っている能力でどこにいれば得点ができるのか、何をすれば得点ができるのかというところを間違いなく今シーズン始まった当初より理解している、成長している2人が出した結果だと思います。