MATCH RESULTS

2016 明治安田生命 J3リーグ 第17節

HOME

ブラウブリッツ秋田

3-0

AWAY

ガイナーレ鳥取

日時2016.07.16. Sat  15:00
場所あきぎんスタジアム(秋田市八橋運動公園球技場)

HIGHLIGHT DATAハイライト動画・試合データ

Starting Member
位置No.選手名
GK39福島 春樹
DF3川鍋 良祐
DF6中島 崇典
DF15稲森 克尚
DF17秋山 貴嗣
DF40片岡 洋介
MF7廣田 隆治
MF8小谷野 顕治
MF13林 誠道
MF18河合 秀人
FW48前田 俊介
Substitution Member
位置No.選手名
21GK井上 亮太
19DF亀島 周
25MF曽我 大地
28MF山道 淳司
29MF山本 蓮
20FW宮市 剛
27FW畑中 槙人
HOME
ブラウブリッツ秋田
AWAY
ガイナーレ鳥取
ガイナーレ鳥取
日時
2016.07.16 Sat 15:00
場所
あきぎんスタジアム(秋田市八橋運動公園球技場)
データ
4711シュート1055
4812GK954
314CK1055
606直接FK1257
011間接FK312
011オフサイド312
011PK000
5分 43.下田
64分 32.浦島
81分 9.呉
得点者
39分 5.堀田 → 4.深井
77分 11.久富 → 20.青島
86分 9.呉 → 29.田中
交代72分 18.河合 → 20.宮市
81分 48.前田 → 29.山本
40分 14.川田
警告40分 13.林
退場者
観衆天候気温湿度ピッチ状態
1702人曇時々晴28.7℃68%中風全面良芝、乾燥

LIVE SCORES試合速報

※このページは1分毎に自動更新されます。携帯からご覧の方は更新ボタンを押してください。

  • 試合終了です。
  • キッカーのボールは浦島がヘディングでクリア。
  • 90+3分、ガイナーレ鳥取の左コーナーキックです。
  • 90+2分、ガイナーレ鳥取 林にフリーでシュートを打たれるも、松本がクリア!
  • 後半アディショナルタイムは3分です。
  • 87分、左サイド浦島がパス交換から中に侵入し鋭いシュートもGKがキャッチ。
  • 選手交代 86分 ブラウブリッツ秋田 9.呉29.田中
  • 84分、中央でフリーでボールを受けた青島がミドルシュートもボールはクロスバーを超える。
  • 呉のシュートはゴール正面へと突き刺さりました!
  • G O O O A L ! ! 81分 9.呉
  • 選手交代 81分 ガイナーレ鳥取 48.前田 → 29.山本
  • ブラウブリッツ秋田のPKです。キッカーは呉。
  • 80分、ペナルティエリア内で交錯した浦島が倒れていましたが、問題ないようです。
  • 79分、矢仇のロングボールに浦島がヘディングで合わせるもクリアされる。ブラウブリッツ秋田の左コーナーキックへ。
  • 選手交代 77分 ブラウブリッツ秋田 11.久富20.青島
  • キッカーのボールは浦島がクリア。
  • 75分、ガイナーレ鳥取のフリーキックです。ゴール正面30メートル付近。
  • 74分、ガイナーレ鳥取の左クロスは松本がキャッチ。
  • 72分、ガイナーレ鳥取の右コーナーキックは松本がパンチングでクリア。
  • 選手交代 72分 ガイナーレ鳥取 18.河合 → 20.宮市
  • 本日の入場者数は1702名です。
  • 70分、呉がフリーでボールを拾い、相手DFと1対1の状況でシュートも枠をとらえきれずボールはゴール左へ。
  • 68分、熊谷のロングパスを山田がゴール右でヘディングで落とすも、ボールは浦島にあと一歩届かずGKにキャッチされる。
  • 67分、呉が相手DFをかわしながらシュートも、GKにクリアされる。
  • 久富のシュートは相手GKにブロックされるも、こぼれ球をゴール左の浦島が左足でシュート!追加点を決めました!
  • G O O O A L ! ! 64分 ブラウブリッツ秋田 32.浦島
  • 63分、ガイナーレ鳥取にゴール前へのボールを連続で入れられるも、深井、新里がそれぞれクリア。
  • 61分、ガイナーレ鳥取のペースで試合が進んでいます。
  • 57分、ガイナーレ鳥取にボールを奪われ、ゴール前まで運ばれるも、ゴール前へのボールは新里が冷静にクリア。
  • 56分、山田のロングスローをゴールライン際の久富が拾い、ゴール前の呉へ。シュートはゴール左に外れる。
  • 51分、山田のロングスローは鳥取のDFにクリアされる。なおもゴールを細かく繋ぎ浦島がシュートも、ボールはバーに弾かれる。
  • 49分、ガイナーレ鳥取の右コーナーキック。キッカー中島のボールを秋山がシュートも、松本が膝を折って足でクリア!
  • キッカーのボールは下田がクリア。
  • 46分、ガイナーレ鳥取の右コーナーキックです。キッカーのボールに 林がヘディングであわるも、ボールはクロスバーを超える。左コーナーキックへ。
  • 後半が始まりました。両チームとも交代はありません。
  • 前半終了です。
  • 45+2分、浦島が相手DFと競ったこぼれ球を久富が拾い、左サイドの前山へ。クロスを呉が拾うもシュートには持ち込めず。
  • ファーへのボールを下田が拾うも、シュートは相手の背に当たってクリアされる。
  • 45分、ブラウブリッツ秋田の左コーナーキックです。キッカーは前山。
  • 前半アディショナルタイムは2分です。
  • 43分、熊谷が落とし、久富がドリブルで駆け上がりシュートもボールはゴール左へ。
  • 「イエローカード」 40分 ガイナーレ鳥取 13.林に警告です。
  • 「イエローカード」 40分 ブラウブリッツ秋田 14.川田に警告です。
  • ブラウブリッツ秋田の右コーナーキック。キッカー川田のボールはゴールラインを割る。
  • 深井はJリーグ初出場となります。
  • 選手交代 39分 ブラウブリッツ秋田 5.堀田4.深井
  • 37分、ペナルティエリア内での山田のクリアを拾われ、ガイナーレ鳥取 前田にシュートされるも、松本がキャッチ。
  • ニアへのボールは呉がクリア。こぼれ球を拾われるも、熊谷が相手にボールを持たせずクリア。
  • 35分、ガイナーレ鳥取の左コーナーキック。キッカーのボールは松本がクリア!再度コーナへ。
  • 32分、山田のロングスローはゴール正面まで届くも、相手にクリアされる。
  • 28分、久富のパスを受けた呉がシュートも、ボールはゴール右へ。
  • 26分、中盤での流れるようなパス回しから右サイド川田へ。ゴール前へのクロスは浦島の頭に僅かに届かず、GKがキャッチ。
  • 19分、ガイナーレ鳥取のフリーキック。ペナルティエリア内へのクロスは堀田が相手と競り合い、こぼれたところを浦島がクリア。
  • キッカーのボールに稲森が頭で合わせるも、ボールはクロスバーを大きく超える。
  • 15分、ガイナーレ鳥取に左サイドを突破されかけるも堀田が必死にクリア。鳥取の左コーナーキックに。
  • 14分、右サイド川田の右サイドからの低いクロスは前山に届かず、GKがキャッチ。
  • キッカーのボールは松本が相手と交錯しながらもクリア。
  • 8分、ガイナーレ鳥取の左コーナーキックです。
  • キッカー前山のボールをゴール前の呉が頭でファーに擦らし、こぼれ球を拾った下田がフリーでシュート!秋田市民デーに、秋田市出身の下田が先制点を決めました!
  • G O O O A L ! ! 5分 ブラウブリッツ秋田 43.下田
  • 3分、ブラウブリッツ秋田の左コーナーキックです。
  • 2分、ガイナーレ鳥取 林にボールを奪われミドルシュートを打たれるも、ボールはゴール右に大きく外れる。
  • 2分、久富が相手ボールを奪い、ゴール前へのクロスを入れるもGKにキャッチされる。
  • 本日はセンターフォワードに呉、ボランチに山田と熊谷が入っています。
  • 「ボール」ブラウブリッツ秋田 のキックオフで試合が開始されました。
  • スターティングメンバーが発表されました!

COMMENT監督コメント

話したいことがいっぱいあって、一つ一つ整理して話したいと思います。

まず、我々スタッフ・選手にとってこの「あきぎんスタジアム」というのは本当に特別な場所で、ここで秋田の皆さんと喜び合うために全てを掛けてやっています。今日もそうですけれども、このあきぎんスタジアムにバスが着いて、皆バスを下りてスタジアムに入るときのあのサポーターの大コール。いつも僕はあそこで涙をこらえるのに必死なんです。サポーターの思いというのがものすごく強くて。また同じこと言うのかって思われるかと思いますけど、やはり「全員力」ですよね。本当に全員の力で今日は掴めた勝利だと思います。

チーム・選手で言えば結果が出ていないのと、うまく行っていないのは僕は別のことだと思います。自分たちの選手は、全ての試合で走り、戦い、そういうことをやれていたので、結果が出ていない時期に積み上げたものは本当に大きかったと思います。選手個々の能力、チーム全体の能力は、結果が出ていない間にも少しづつ上がっていた部分があるので、今日このホームゲームにおいて3-0という形で表わせたのは本当に良かったと思います。

試合の内容で言うと、自分たちはセットプレーで点を取ることのは少ないのですけれど、クロスボールだとか、セットプレーだとか、選手個々の能力・技術を上げようと今積み上げていることがだんだんよくなってきている中で、前半の早い時間帯にあの形から点が取れたのはすごく大きなことです。1-0でリードした後半立ち上がり、当然相手は当然必至ですから押し込まれる時間がありましたが、中の選手たちでしっかり声を掛け合って耐え凌ぎ、さらに少ないチャンスで追加点を取ったというところがこの試合のカギになったと思います。


質疑応答

押し込まれる場面が多い中で守備面がよかったように思うが?

守備は大まかにいったら2種類あり、ボールを奪いに行く守備と、ゴールを割られない守備です。
相手があれだけ必死に押し込みその選択が難しい中で、よく声をかけあって耐え凌いだなと思います。いくつかバリエーション、戦術、形はあるのですけれど、ほぼ並行することなく中にいる人間の立ち位置で、声をかけあってしっかり守れたと思います。

今までやってきたことが実を結んだということか?

途中で入った選手、個々の能力、そしてチーム全体の能力がこの勝てない時期にどんどん上がっているというのは特定の人間だけではなくて、サブの選手、サブに入らない選手の能力も上がっています。ですので、試合に入っていく選手の特徴やバリエーションも増えるので、今日はベンチに座っていて出なかった選手が、逆に全員試合に出ていてもおかしくないです。ギリギリの所で今日選ばれた選手が出ましたけれども、途中から入った選手も本当によく声をかけあって機能していたと思います。

話したいことがたくさんあるということだったが、今日の結果を見て一番に言いたいことは?

今日の試合に臨むに当たって試合前のミーティングで私が選手に言ったのは、とにかく「迷いなく強気に戦おう」ということです。それは先ほど言ったことにも繋がりますけれども、結果が出ていないことと上手くいかないことは別のことで、僕自身うちの選手に対して誇りに思っています。全ての試合で走り、戦っている。こういうチームはまだまだチャンスがあると思っているので、とにかく出る結果は監督の責任なので、皆には迷いなく強気にやってほしいということを伝えました。

PKを決めた呉大陸が真っ先に監督の下に駆け寄ってきていたが、嬉しかったか?

そうですね。
僕の経験上、点を取って喜ぶと良いことがないと思っているんですね。点を取って喜んだらすぐに追いつかれたり。なので、僕自身は点が入ろうが、何が起ころうが、点差がつこうが、終わる瞬間までは絶対にまだ勝ちではないという強い意識を持つようにしています。でも、喜んで自分のもとに来てくれた選手を突っぱねるような人間ではないですよ。

今シーズン最多得点と失点ゼロというのが今日、同時に達成できたが?

やっぱり紙一重ですよね。
勝負は全部紙一重で、今日のゲームなんてどのスコアになってもおかしくなかったと思いますよ。つまり、1-0で負け、2-0で負け、2-1で負け。逆に1-0で勝ち、2-0で勝ち、3-0で勝ち。なんなら1-1で引き分け、2-2で引き分け。本当にどの結果になってもおかしくないと思います。その紙一重のところを全員の力でこの3-0にした。なんなら4-0、5-0でも勝てたと思います。だからサッカーって面白いんでしょうね。失点ゼロで守れたこと、3点取ったこと。遡ると去年のホームの相模原戦なのですかね、3-0で勝ったのは。それ以来の勝利だったと思います。
ただ本当に、3-0で勝ったということについては次の試合に向けてあまり喜びすぎずに、気持ちを引き締めてまた取り組んでいきたいと思います。

秋田は先制後からハーフタイムまでもっと強く攻めてもいいようにに思ったが?

姿勢は見せたと思いますが、攻め込めなかったのだと思います。鳥取は今の順位に関係なくすばらしい選手がそろっていますし、もちろん言うまでもなくすばらしい監督が指揮を執っていますから。自分たちの思う通りに全てを進められたわけではないです。

次に向けて改善点や修正点、課題があれば。

これは本当に難しいことで、ゲームの主導権を握るってどういうことなのかという話しなのですけれども。今日のような相手に押し込まれたりとか、もしくは悪い時間なのに点を取るとか、そういう流れとは別の出来事で結果が出せてこのように3-0になることもありますし、むしろ自分たちがほとんど攻撃をしていて、これこそ主導権を握っているのではないかという試合で負けたりするわけです。フットボールというゲーム性の難しさなのですけれども、一つ言えることは一番は「勝つこと」ですよね。なので、今後の試合も目指すことは勝つこと。ただその勝ち方がどうとか、内容がどうとか、主導権を握るとか、そういうことは勝つことから逆算をしたものでないといけないと思います。

TICKETチケットについて

チケット情報については、こちらをご覧ください

希望の座席日程、ご希望のお日にちをお選びの上、各プレイガイドまたは
ブラウブリッツチケットから購入ください。