MATCH RESULTS

2016 明治安田生命 J3リーグ 第15節

HOME

ブラウブリッツ秋田

1-1

AWAY

セレッソ大阪U-23

日時2016.07.03. Sun  13:00
場所あきぎんスタジアム(秋田市八橋運動公園球技場)

HIGHLIGHT DATAハイライト動画・試合データ

Starting Member
位置No.選手名
GK1武田 博行
DF16小谷 祐喜
DF28温井 駿斗
DF33椋原 健太
DF39庄司 朋乃也
MF30木本 恭生
MF31橋本 英郎
MF34阪本 将基
MF49斧澤 隼輝
FW13丸岡 満
FW36米澤 令衣
Substitution Member
位置No.選手名
32GK齋藤 和希
37DF池田 樹雷人
25MF小暮 大器
35FW沖野 将基
   
   
   
HOME
ブラウブリッツ秋田
AWAY
セレッソ大阪U-23
セレッソ大阪U-23
日時
2016.07.03 Sun 13:00
場所
あきぎんスタジアム(秋田市八橋運動公園球技場)
データ
325シュート972
325GK936
044CK624
9514直接FK1257
000間接FK110
000オフサイド000
000PK000
45分 7.前山
得点者49分 36.米澤
65分 11.久富 → 29.田中
73分 16.遊馬 → 17.堺
79分 14.川田 → 36.比嘉
交代82分 34.阪本 → 25.小暮
90+3分 36.米澤 → 35.沖野
警告25分 16.小谷
61分 30.木本
90分 31.橋本
退場者
観衆天候気温湿度ピッチ状態
2251人27.0℃72%弱風全面良芝、乾燥

LIVE SCORES試合速報

※このページは1分毎に自動更新されます。携帯からご覧の方は更新ボタンを押してください。

  • 試合終了です。
  • 選手交代 90+3分 セレッソ大阪U-23 36.米澤 → 35.沖野
  • 90+2分、セレッソ大阪U-23 小暮のシュートは松本がキャッチ。
  • 「イエローカード」 90分 セレッソ大阪U-23 31.橋本に警告です。
  • 後半アディショナルタイムは3分です。
  • 反対にカウンターを浴びるも、シュートは日髙がカット。
  • 89分、左サイド前山がゴールライン際からクロスを入れるも、GKがキャッチ。
  • 選手交代 82分 セレッソ大阪U-23 34.阪本 → 25.小暮
  • 選手交代 79分 ブラウブリッツ秋田 14.川田36.比嘉
  • 松本が下を向くな、と大きな声を上げています。
  • 77分、セレッソ大阪U-23 温井のシュートはクロスバー付近へ。ボールは松本がクリア!
  • 73分、セレッソ大阪U-23 米澤のシュートは松本が片手でクリア!
  • 選手交代 73分 ブラウブリッツ秋田 16.遊馬17.堺
  • 71分、セレッソ大阪U-23の左クロスは松本がキャッチ。
  • キッカー前山のボールはGKがキャッチ。
  • 70分、ブラウブリッツ秋田の左コーナーキックです。
  • 本日の入場者数は2251名です。
  • 選手交代 65分 ブラウブリッツ秋田 11.久富29.田中
  • 「イエローカード」 61分 セレッソ大阪U-23 30.木本に警告です。
  • 前山のクロスはクリアされる。こぼれ球を日髙がゴール前へ入れると、遊馬がヘディングで合わせるもGKがキャッチ。
  • 58分、ブラウブリッツ秋田の左コーナーキックです。キッカーは前山。
  • キッカーのボールはゴールラインを割り、ゴールキックに。
  • 56分、セレッソ大阪U-23のフリーキックです。ゴール右斜め25メートル付近。
  • 54分、こぼれ球を拾った川田がゴール左にクロス。浦島が頭で合わせるも、GKがキャッチ。
  • シュートには結びつけられず、ゴールキックに。
  • 51分、川田のパスを久富が繋ぎ、右サイドからクロス。浦島が合わせようとするもくりああされゴールラインを割る。ブラウブリッツ秋田の左コーナーキックに。
  • 49分 ゴール前出の混戦から セレッソ大阪U-23 36.米澤 に同点とされました。
  • 47分、セレッソ大阪U-23 ゴール前へのクロスは新里がクリア。
  • 後半が始まりました。両チームとも交代はありません。
  • 前半終了です。
  • 前半アディショナルタイムは2分です。
  • 相手との競り合いからこぼれたボールを前山がペナルティエリア内で奪い、ループシュート!GKの頭上を抜く鮮やかなゴールでした!
  • G O O O A L ! ! 45分 ブラウブリッツ秋田 7.前山
  • セレッソ大阪U-23の左コーナーキックはシュート展開は結びつけさせず。
  • キッカーのボールはDFがクリア。左コーナーキックに。
  • ニアへのボールは前山がクリア。その後のプレーで相手と競った久富がファウルをとられ、セレッソ大阪U-23のフリーキックに。ゴール屋や正面右25メートル付近。
  • 39分、セレッソ大阪U-23の深い位置でのスローインは熊谷がクリア。続いてコーナーキックに。
  • キッカー前山のクロスに堀田がヘディングで合わせるもボールはクロスバーを超える。
  • 36分、ブラウブリッツ秋田のフリーキックです。ゴール左斜め、30メートル付近。
  • キッカー前山のボールは僅かに浦島に届かず、ゴールラインを割る。
  • 31分、ブラウブリッツ秋田のフリーキックです。ゴール正面やや左、30メートル付近。
  • 30分、堀田から中央の浦島につなぎ、前山がシュートもGK正面。
  • 29分、パスミスからボールを奪われ米澤にシュートされるも、ボールはクロスバーを大きく超える。
  • キッカー日髙のボールはゴール左でクリアされる。こぼれ球を拾った熊谷がクロスを入れるもゴールラインを割る。
  • 27分、ブラウブリッツ秋田のフリーキックです。ゴール正面40メートル付近。
  • 交錯により遊馬が倒れていますが、問題ないようです。
  • 「イエローカード」 25分 セレッソ大阪U-23 16.小谷に警告です。
  • 23分、右サイド川田から久富へ縦に繋ぎ、久富がペナルティエリア内へのクロス。浦島がヘディングでゴール前にボールを落とすも遊馬はわずかに間に合わず、ボールはゴールラインを割る。
  • 22分、セレッソ大阪U-23にペナルティエリア内にボールを持ち込まれるも、松本がクリア。
  • 22分、熊谷のクロスはGKがキャッチ。
  • 13分、セレッソ大阪U-23の右コーナーキック、ニアへのボールを前山がクリア。浮いたボールを熊谷が更にクリアする。
  • 9分、右サイド久富のクロスに浦島がヘディングで競るも相手DFと交錯、ファウルをとられ相手ボールに。
  • 7分、セレッソ大阪U-23のカウンターからペナルティエリア内に侵入されるも山田と松本がブロック。さらにこぼれ球を丸岡にシュートされるも、堀田が体を寄せて枠はとらえさせず。
  • 7分、左サイド前山のペゴール前へのクロスはタイミングが合わず。
  • 2分、セレッソ大阪U-23 米澤にペナルティエリアに侵入されそうになるも、日髙がボールをクリア。
  • 「ボール」セレッソ大阪U-23 のキックオフで試合が開始されました。
  • スターティングメンバーが発表されました!

COMMENT監督コメント

今日の日を自分たちがどのような流れで迎えたか、そして今日が終わったあとに今後どのような未来が待っているか。そういうことは一切考えずにこの目の前の1戦に臨もうということを声を掛けて試合をしました。結果で言うと1対1の引き分け、この試合だけ観たら本当に勝ちではなく勝ち点1の引き分けだったということに関しては残念に思います。ただやはりものの流れっていうのはありと思います。実際に3連敗をしていた中で自分たちがこの試合を迎えた、その流れで言えば時には起こった出来事をポジティブに捉えなければいけない時もあると思います。今日は自分の中でそういう日なんだと思います。


質疑応答

シーズン序盤のスターティングメンバーに近かったが?

毎週変わらず、その一週間しっかりと準備ができてた人間が試合に出ています。それが最初の頃のメンバーに戻ったように見えた部分もありますし、スタメンで出ていて、一度外れた人間がまたスタメンに戻ってきた、そういう選手の勢いというか、パワーというのは試合前に感じました。外れていたところから戻った人間の眼だけが、強気に見えました。

攻撃面について

分かりやすいですよね。誰もがそこに目を向けるべきです。まずはあれだけ押し込んで迎えた前半の決定機おそらく2点、3点分外しているところのシュート技術、へディング技術。そして後半1-1で迎えた終盤に何度も上げたクロスのボールの質。そういうところが今自分たちが一番目を向けないといけない技術のところです。

リーグ戦前半の15試合を振り返って

5勝7分3敗。負けてない記録があったりするなかで本当に負けないだけでは成り立たない、このブラウブリッツ秋田を前に押し進められない。これが現実ですよね。選手、スタッフ、サポーターの皆さん、皆の未来をもう1段上に押し上げたい。
これは負けないではなく、勝利に向かわないといけない、そしてその勝利から逆算して足りないものを大いに見つめることができた。なので後半戦に向かっては、負けないではなく、この5勝というところを上回るところをしっかり取り組みたい。

ポジティブにとは具体的にどういうことか?

やっているスポーツはサッカーですけれど、戦うというところさえしっかりとできていればチャンスはどこまででもあると思います。この1週間でいったら、本当に熱い、今日を迎えた中でしっかりと選手が走り、声を掛け合い、球際を戦い、そういう部分を、一瞬の隙は見せましたよ、その一瞬の隙での失点ですけれど、相手にこのホームゲームで上回られないところまで持って行けたというのは未来に繋がりますし、そしてもちろんその3連敗という流れがある中で、黒丸ではなく三角にした。そして前半戦を負けの数だけで言えば3敗に留めた。そういった局面だけ見つめればポジティブに考えられる要素はあると思いますし、それがある限り後半戦もやっていけると、自分たちが自信をもって強くやっていける部分はあると思います。

その隙を見せてしまって失点をした相手が米澤選手だったことに関して。

比較的嬉しいです、別の選手よりは。去年彼が秋田に来て、自分も人生経験は多い方だと思うので、目を見ればすぐ分かりますよね。彼の向上心はものすごく高いと思います。ここ、あきぎんスタジアムに戻ってきて、間違いなく成長したものを見ましたよ、全てにおいて。恩返しっていうんですかね。次は僕が恩返ししてやりますよ。

TICKETチケットについて

チケット情報については、こちらをご覧ください

希望の座席日程、ご希望のお日にちをお選びの上、各プレイガイドまたは
ブラウブリッツチケットから購入ください。