MATCH RESULTS

2019 明治安田生命 J3リーグ 第25節

AWAY

ブラウブリッツ秋田

1-1

HOME

AC長野パルセイロ

日時2019.10.06. Sun  13:00
場所長野Uスタジアム(南長野運動公園総合球技場)

HIGHLIGHT DATAハイライト動画・試合データ

Starting Member
位置No.選手名
GK1小澤 章人
DF22國領 一平
DF30浦上 仁騎
DF33下口 稚葉
MF18内田 恭兵
MF20吉村 弦
MF24新井 純平
MF29山田 陸
FW11木村 裕
FW14東 浩史
FW19三上 陽輔
Substitution Member
位置No.選手名
16GK阿部 伸行
3DF大島 嵩弘
26DF遠藤 元一
25MF有永 一生
9FW津田 知宏
27FW竹下 玲王
39FW齋藤 恵太
AWAY
ブラウブリッツ秋田
HOME
AC長野パルセイロ
AC長野パルセイロ
日時
2019.10.06 Sun 13:00
場所
長野Uスタジアム(南長野運動公園総合球技場)
データ
224シュート853
358GK1266
000CK413
7411直接FK734
101間接FK202
101オフサイド202
000PK000
43分 31.田中
得点者8分 11.木村
66分 8.和田 → 15.江口
74分 31.田中 → 29.夛田
84分 10.古田 → 25.北原
交代62分 11.木村 → 9.津田
62分 19.三上 → 39.齋藤
84分 20.吉村 → 25.有永
警告
退場者
観衆天候気温湿度ピッチ状態
2818人20.4℃67%中風全面良芝、乾燥

LIVE SCORES試合速報

※このページは1分毎に自動更新されます。携帯からご覧の方は更新ボタンを押してください。

COMMENT監督コメント

前半と後半で全く違う試合をしてしまったと思っています。

前半は一人の選手のパスミスで早々に相手にリードを奪われ、それでもスタッフも選手も皆が落ち着いて、しっかりと今までやってきたことやればこのままでは終わらないという強い意志があったと思います。その中で準備していたようなボールの動かしや敵の攻撃、もちろん前半の長野の選手たちの5-4-1は堅いブロックでしたけれども、それをなんとか一つ崩して1対1の同点でロッカールームに戻ってこれました。これに関してはポジティブに捉えています。


その後、後半試合が始まり、ここ数試合で言えば、45分あれば、自分たちのサッカーをやれば、複数得点が取れるとそういう思いで選手たちは出て行きましたし、私も送り出しました。

1つこの試合のポイントになったのは、長野の戦士たちが本当に素晴らしいファイトをしたということです。後半我々の想像以上のファイトを彼らが行ったと思います。その中で自分たちのボールの動かしが引っかかる、もしくはセカンドが拾えるれる、拾われるとそのままカウンターに向かわれる。そういう意味で後半は大いに長野パルセイロの流れになったと思います。その中でも何度か相手のゴールに迫るきっかけになる部分はあったはずなのですけども、そこから今までの我々はしっかりとゴールに向かうことができていたのに、今日の後半に関してはそういうことを選手たちがしなくなってしまいました。

なぜしなくなったのかは複合的な理由があると思うので今のこの場の一言で説明できることではないですけれども、私が指揮を執っている以上、選手がやらなくなったことに関しては私自身が切り替えないといけない部分だと思っています。

今季のブラウブリッツは昇格が目的でもうほぼ全勝しないといけないということは全員が分かっている中で、今日の試合を引き分けてしまったのでものすごく不甲斐ない思いでいます。今日ここに駆けつけてくださった秋田のサポーターに本当に感謝してますし、優しいサポーターがそれでも温かい声をかけてくれましたけど、その中でももちろん納得のいかない険しい顔をしたサポーターもいました。今日の我々のプレーの内容からすればあの険しい顔をしていたサポーターが正しいと私は思います。


ホーム・アウェイがあるのがサッカーですけれども、特に今日のゲームはアウェイ感を感じる試合でした。この素晴らしいスタジアム、たくさん集まる長野のサポーター、それに応えようとする長野の選手たちに苦しめられた試合だと思います。

PHOTO試合写真

※登録がありません。

MATCH PREVIEW試合について

苦手意識はない、逆境の完全アウェイを乗り越えろ

ブラウブリッツ秋田は前節ホーム・YS横浜戦を2-0で勝利を収め、3連勝を達成した。ここ3試合で11得点1失点と攻撃陣に目がいくが、守備陣もPKの1失点のみに抑えている。攻守に安定したゲーム運びが出来ている証拠だろう。 今節の対戦相手であるAC長野パルセイロの印象を問われたGK21松本拓也は「守備組織がしっかりしていてポイントで特徴のある選手がいる」印象と話す。間瀬秀一監督も「守備戦術がしっかりしている」印象を持っていると話した。また、J3では屈指のスタジアムやサポーターが創り出す雰囲気についても「2シーズン連続で勝つことが出来ているので、苦手意識はない」と話す。 間瀬秀一監督は8月30日(金)開催のホーム・沼津戦後の記者会見で「人としてサッカー選手として最後の瞬間まで諦めない、そして自分たちの昇格のために、ここから昇格すれば奇跡といえる行動になると思うが、そういうことを信じて1日1日過ごすことが大切」と話した。こう表現した翌節からブラウブリッツ秋田は3連勝を達成している。毎日のトレーニングで切磋琢磨し、1試合ずつ勝ち点3を積み重ね続けることがJ2昇格へ繋がると全員が信じて取り組むことが出来ている。数々のクラブ記録を打ち立ててきた指揮官が見据えるのは「J2昇格」のみだ。

TICKETチケットについて

チケット情報については、Jリーグチケットをご覧ください。