MATCH RESULTS

2017 明治安田生命 J3リーグ 第34節

AWAY

ブラウブリッツ秋田

3-0

HOME

ガイナーレ鳥取

日時2017.12.03. Sun  13:00
場所とりぎんバードスタジアム

HIGHLIGHT DATAハイライト動画・試合データ

Starting Member
位置No.選手名
GK21井上 亮太
DF2稲森 克尚
DF4秋山 貴嗣
DF19亀島 周
DF23井上 黎生人
MF29山本 蓮
MF40片岡 洋介
MF48前田 俊介
FW8河合 秀人
FW17加藤 潤也
FW18沼 大希
Substitution Member
位置No.選手名
33GK杉本 拓也
28DF山道 淳司
7MF廣田 隆治
13MF林 誠道
15MF石井 光輝
11FW原口 拓人
20FW岩元 颯オリビエ
AWAY
ブラウブリッツ秋田
HOME
ガイナーレ鳥取
ガイナーレ鳥取
日時
2017.12.03 Sun 13:00
場所
とりぎんバードスタジアム
データ
41216シュート220
4711GK1183
426CK321
6410直接FK936
101間接FK110
101オフサイド110
000PK000
61分 11.久富
67分 10.日髙
74分 16.遊馬
得点者
71分 5.千田 → 4.深井
76分 16.遊馬 → 17.堺
90+2分 11.久富 → 15.江口
交代70分 8.河合 → 29.山本
77分 19.亀島 → 15.石井
83分 18.沼 → 13.林
警告19分 40.片岡
68分 19.亀島
退場者
観衆天候気温湿度ピッチ状態
1746人19.3℃31%無風全面良芝、乾燥

LIVE SCORES試合速報

※このページは1分毎に自動更新されます。携帯からご覧の方は更新ボタンを押してください。

  • 他会場での試合結果を持って、ブラウブリッツ秋田がJ3優勝となりました!
  • 試合終了です。
  • 選手交代 90+2分 ブラウブリッツ秋田 11.久富15.江口
  • 試合終盤、ややガイナーレ鳥取がボールを持つ時間が続いています。
  • 選手交代 83分 ガイナーレ鳥取 18.沼 → 13.林
  • 82分、ガイナーレ鳥取の左コーナーキックです。
  • ニアへのキックは相手にクリアされる。
  • 79分、ブラウブリッツ秋田の右コーナーキックです。キッカーは青島。
  • 選手交代 77分 ガイナーレ鳥取 19.亀島 → 15.石井
  • 選手交代 76分 ブラウブリッツ秋田 16.遊馬17.堺
  • 左サイド久富のニアのクロスに田中がヘディングで合わせるもGKがクリア。こぼれ球をファーにいた遊馬が押し込み3点目を奪いました!
  • G O O O A L ! ! 74分 ブラウブリッツ秋田 16.遊馬
  • 選手交代 71分 ブラウブリッツ秋田 5.千田4.深井
  • 選手交代 70分 ガイナーレ鳥取 8.河合 → 20.岩元
  • 千田がピッチ場で倒れており、ゲームが止まっています。
  • 日髙と遊馬のパス交換から日髙がミドルシュート!追加点を奪いました!
  • G O O O A L ! ! 67分 ブラウブリッツ秋田 10.日髙
  • 53分、遊馬がペナルティエリア内で3人に囲まれながらもボールをキープ、外に出したボールを日髙がミドルシュートも、ボールはクロスバーの上。
  • ゴール正面山田のミドルシュートはGKに弾かれるも、こぼれ球を前に詰めていた久富がシュート!先制点を奪いました!
  • G O O O A L ! ! 61分 ブラウブリッツ秋田 11.久富
  • 58分、ガイナーレ鳥取 前田のミドルシュートはゴール右へ。
  • 57分、古田の中へのボールは相手にカットされるもこぼれ球を韓が拾いシュート。ボールはクロスバーを超える。
  • ニアへの低いクロスは跳ね返す。さらにボールを繋がれゴール前へクロスを入れられるも松本がキャッチ。
  • 55分、ガイナーレ鳥取の左コーナーキックです。
  • 54分、ブラウブリッツ秋田のフリーキック。韓のクロスを遊馬がワンタッチで繋ぎ田中がシュートもボールはクロスバーを超える。
  • 52分、右サイド千田からのサイドチェンジをゴールライン際で青島が折り返し、日髙へ。日髙のミドルシュートはゴール右へと外れる。
  • 50分、古田から前線でフリーの遊馬へつなぐも、遊馬のシュートはGK正面。
  • 48分、左サイド山田のクロスに韓が頭で合わせるもオフサイド。
  • ニアへのキックは相手に跳ね返される。ブラウブリッツ秋田の深い位置でのスローインに。
  • 47分、ブラウブリッツ秋田の左コーナーキックです。
  • 46分、後半キックオフ早々、古田、田中、久富の右サイドでのコンビネーションからチャンスをつくるもシュートはできず、
  • 後半が始まりました。両チームとも交代はありません。
  • 前半終了です。
  • 前半アディショナルタイムは1分です。
  • 40分、ガイナーレ鳥取 加藤にフリーでゴール前にボールが渡るも千田が体を張ってシュートを打たせず。
  • 40分、田中が相手を交わしドリブルで駆け上がると右サイド久富へ。シュートはGKがキャッチ。
  • 39分、ややガイナーレ鳥取がボールを持つ時間が長くなっています。
  • 33分、ガイナーレ鳥取 ゴール前への右クロスは松本が飛び出してクリア!チャンスをつくられず、
  • 青島のファーへのボールはゴール前で擦らすかたちになってしまう。
  • 21分、ブラウブリッツ秋田の左コーナーキックです。
  • 「イエローカード」 19分 ガイナーレ鳥取 40.片岡に警告です。
  • 18分、ガイナーレ鳥取にカウンターからゴールエリア近くまでボールを持ち込まれるも、松本が体を張ってシュートを打たせず。
  • ゴール正面ヘディングで合わせるもボールはゴール右へ。
  • 14分、ブラウブリッツ秋田の左コーナーキックです。キッカーは青島。
  • ファーへのクロスはクリアされ、相手ボールとなる。
  • 9分、古田の素晴らしいミドルシュートはGKが片手ではじく。ブラウブリッツ秋田の左コーナーキックに。
  • 青島のキックにゴール前で合わせるもゴールを割ることはできず。
  • 8分、右サイド古田が相手をドリブルで交わしクロス、ゴール前の遊馬がヘディングもボールはクリアされる。ブラウブリッツ秋田の右コーナーキックに。
  • 7分、右クロスからのフリーの遊馬にボールが渡りシュートも、ボールは惜しくもゴール右へ。
  • 5分、ガイナーレ鳥取のフリーキックです。左タッチライン際。ゴール方向へ向かったボールはブラウブリッツ秋田がクリア。
  • 4分、ガイナーレ鳥取の右からのクロスはゴール左に流れる。ブラウブリッツ秋田のゴールキックに。
  • ニアへのボールはブラウブリッツ秋田がクリア。
  • 3分、ガイナーレ鳥取の右コーナーキックです。
  • 3分、パスミスからガイナーレ鳥取に右クロスを入れられるも有薗が落ち着いてクリア。
  • 秋田からも100名近くのサポーターが、遠く鳥取まで駆け付けています。
  • 本日の鳥取は快晴、気温は20.2℃と温かい天候となっています。
  • 「ボール」ブラウブリッツ秋田 のキックオフで試合が開始されました。
  • 選手が入場しました。まもなくキックオフです!
  • スターティングメンバーが発表されました!

COMMENT監督コメント

まずはこのブラウブリッツ秋田を支えてくださっているサポーターの皆さん、スポンサーの皆さん、一生懸命一年間戦った選手たち、僕を支えてくれたスタッフの皆さん、それからクラブのフロントも今日は皆来てくれています。まずはおめでとうと皆さんに言いたいと思います。それから、今日優勝できたのは我々だけの力だけではなく、これまでブラウブリッツ秋田がずっと積み重ねてきたものによって優勝ができたと思っています。ですので、これまでブラウブリッツ秋田に関わった皆さんにもおめでとうございますと言いたいと思います。

今日もたくさんのサポーターの方が来てくださいました。怪我で治療をしている選手たち以外は全員来ました。フロントのスタッフも来ました。全員で戦ったゲームだったと思いますし、全員で勝ち取ったゲーム、優勝だったと思います。すごく一体感を感じましたし、家族で戦っているような気持ちになりました。カテゴリ3の優勝ではありますが、東北にブラウブリッツ秋田というチームがあるということを少しでも知ってもらえばうれしく思います。

最後にひと言。「We Are AKITA!」


質疑応答

色々な条件がかみ合わなければ成し遂げられない優勝だった。最後の数分間はどんな心境だったか?

まずこのゲームを勝ちきるということで今日来ました。全力を出し切り勝って、あとは他会場の結果を待とう。そんな気持ちで入りました。最後、他会場の結果がわからなかったのですが、試合が終わった後、「皆でどうなったんだ」と。でも、結果的に優勝できて良かったなと思います。

この1週間、今までと違うメンバーを組まなければならない状況もあった。困難を乗り越えての頂点だった。今季の総括を。

気持ちよく勝ったゲームもありますし、追いつかれたゲームもありますし、完敗したゲームもあります。どんなときも選手たち、スタッフたちが変わらずに、トレーニングも試合もひたむきに死に物狂いで取り組んでくれたということが一番大きいと思っています。
勝てない時期も一時ありました。あれを経験できたことで少し皆落ち着くことができ、終盤、また勝つことができました。1試合1試合が成長できた1年だったと思います。

前半苦しんだように思った。後半の指示は?

基本的には変わらずです。前回藤枝さんに完敗しましたから、僕らの良さを出せずに秋田を応援してくださる皆さんにがっかりした思いをさせてしまったので、今回は結果もあるけれども、まずは皆が見て元気になるような試合をしようと入りました。前半も後半も、僕らがやることは一緒で、僕らの良さをしっかり出す、球際しっかり戦う、しっかり走る。そういうことが後半得点に繋がったのかと思います。

Jクラブ初の指揮での優勝となった。

今年初めてJリーグで監督を務めましたが、僕自身高いテンションで今年入ったつもりです。ただ結果的には、この秋田のクラブの熱だとか、秋田の街の皆さんの勢いに乗せられた部分もあったのかなと思います。僕も一緒に乗せられて一緒に1年戦ってきたなと。どんなときも諦めずに、粘り強く、僕自身もやれたという意味では、そういうクラブ、そういう街に感謝したいと思います。

最後のセレモニーではやや一歩外で、やさしく見守るお父さんのような感じにも見受けられた。どんな心境だったか?

選手たちがうれしそうに喜んでいるので、それを見ているだけで胸がいっぱいでした。

クラブはJ2ライセンスがなく、一つ上のカテゴリには今回行けない。この結果がクラブの未来を変え、財産にもなるだろう。この先の決意は?

去年4位、そして今年優勝しました。そういう意味では一歩前に進んだと思っています。また、今後僕らブラウブリッツ秋田の新しいストーリーがあると思います。これで満足せずそこに向かい、また進んでいかなければならないと思っています。いつも前を向いて皆で進んでいきたいと思います。

秋田の街の可能性をどう感じたか?

初めて秋田に来てこのブラウブリッツ秋田で指揮を執りました。一番初めにも話しましたが、J2、J1と戦っていける、ビッグなクラブになるような熱を感じました。皆が信じて疑わず、そのまま進んでいくだけだと思います。もっともっと上に行ける可能性を感じています。そこに力添えできればまたうれしく思います。

後半、サイドに引きつけて中央に攻める場面が効果的だった。意識してだったのか?

そうですね。相手が簡単に真ん中を割らせてくれない感じでしたので、外からは意識していました。ただ、外からも真ん中からも前にボールが入り出し、遊馬と久富、田中にボールが収まりだしました。そこにボールが入り出したというのは大きかったと思います。

目の前の一試合をずっと追ってきた。今日はどんな風に喜びたいか?

まずは僕ら安全に秋田に帰るというところですね。そこまでがアウェイゲームだと思っていますので、浮かれずにしっかり安全に秋田に戻り、しっかり秋田の皆さんに報告をしたい。そんな風に過ごしたいと思います。

奇跡的な条件がそろっての優勝となった。何かが起こしてくれたとしたらどんなことだと思うか?

難しいことはわかりませんが、僕らが一生懸命とにかくひたむきに信じて取り組んだこと。一生懸命やらなければ奇跡も起こりにくいでしょうし、プレゼントももらえないと思ってました。何度も首位になって離すチャンスってあったと思います。何度もありましたし何度も逃しましたが、でも信じてひたむきに走り続けてきたことが、そういう奇跡に繋がったと思います。これからも僕らは変わらず、信じてやり続けるだけです。

多くのサポーターが駆け付けていた。声はどう届いたか?

たくさん来られていましたね。記者の方も秋田でいつもお会いする方々がたくさん来ていただいて、まずはありがとうございますと言いたいと思います。遠い鳥取のアウェイの地ではありますが、意外とアウェイ感を感じなかったので、そんな方々の顔がホームの雰囲気を感じさせてくれたのかと思っています。選手たちも、のびのびとプレーができていました。それから、鳥取さんのスタジアムも良いスタジアムで、こういう環境を用意していただいたことにもありがとうございますと言いたいと思います。

試合終了後、チームにどんな声を掛けたのか?

ロッカールームに戻ってから話しました。皆がどんなときも一生懸命やり続けたことがこうやって優勝に繋がったのだと。プロで優勝経験できる選手は、実はそれほど多くないと思っています。ですので、こうして経験できたことを活かしていかなければならないですし、どうやって優勝したかと言うことを忘れず、来年そのまま秋田でやり続ける選手もいますし、別の場所で新たなストーリーがある選手もいると思います。どんなときも、こうして一生懸命やって優勝できたということを忘れず、いつも進んでいこう。2017年戦ったメンバーがここにいたことは何も変わらないので、またあったときにはお互い声を掛け合おう。そんな話をしました。

TICKETチケットについて

チケット情報については、Jリーグチケットをご覧ください。