J3 第16節 ブラウブリッツ秋田 VS Y.S.C.C.横浜

ブラウブリッツ秋田

試合終了
41前半13
3後半2

あきぎんスタジアム(秋田市八橋運動公園球技場)

Y.S.C.C.横浜

Y.S.C.C.横浜

Starting Member
No.位置選手名
1GK浅沼 優瑠
3DF宗近 慧
5DF中西 規真
24DF奥田 裕貴
25DF西山 峻太
6MF小澤 光
9MF大泉 和也
10MF吉田 明生
15MF奥田 晃也
27MF小松 駿太
4FW松田 康佑
Substitution Member
No.位置選手名
16GKフィリップ ウィフマン
14DF後藤 京介
7MF山本 真也
23MF仲村 京雅
32FW北原 大奨
   
   

ブラウブリッツ秋田Home
システム:

Y.S.C.C.横浜Away
システム:

データ
639シュート633
437GK12210
123CK862
4610直接FK954
112間接FK211
112オフサイド211
000PK000
7分 7.前山
47分 7.前山
56分 6.有薗
62分 29.田中
得点者12分 9.大泉
59分 25.西山
88分 32.北原
55分 14.山田(樹) → 9.古田
87分 29.田中 → 16.遊馬
交代66分 6.小澤 → 14.後藤
74分 24.奥田 → 23.仲村
82分 10.吉田 → 32.北原
90+4分 11久富
警告73分 15.奥田
退場者
観衆天候気温湿度ピッチ状態
2019人29.6℃60%中風全面良芝、乾燥

ブラウブリッツ秋田 試合後監督コメント


監督
杉山 弘一

勇気の大半が用心であるという言葉があるように、十分な用心を持って今日の試合を準備して進めたのですけれども、思った以上にY.S.C.C.横浜は手強い相手でした。ただ久しぶりにたくさんの点を取ることができて、勝ち切れたということは、チームとしては大きいのかなと思います。選手たちは暑い中、足が止まることなく最後まで走り抜いてくれたのは、すごくよくやってくれたと思います。


質疑応答

久しぶりの複数得点。練習でももう一点を取りに行こうという姿勢が出ていたように感じていた。その点ではどのように評価しているか?

スペインでよく言われる「点が取れないときは守備の練習をしろ」という言葉がありますけれども、今週は守備の練習をしました。そんなことも良かったのかもしれませんし、もちろん選手たちが勇気を持って、用心を持ってゴールに向かってくれたことが得点につながったとも思います。最後のところもしっかり決めてくれたなという感じです。

今日の失点は全て得点から5分以内の、いわゆる得点の入りやすいという時間帯の失点だった。振り返れば、FC東京U-23も終了間際の失点だったが。

反省が必要だということです。それは選手だけではなく、我々スタッフもまだまだだということだと思います。順位に関係なく、今何勝しているかとか関係なく、僕らはチームとして改善しなければいけないポイントがあって、まだまだだということだと思います。反省が必要です。逆に言うと、チームとしては良くなっていく伸び代があるということだと思います。それは謙虚に受け止めたいと思います。

守備の練習をしっかりとしたことが大量得点につながったと言うことだったが、それについて。

大きく言うと攻撃と守備というのは本当に隣り合わせというか表裏一体なので、いい形で奪えればいい形で攻撃ができますし、逆にいい攻撃ができればその分守備もできますし、ということです。

暑い中、集中力を切らさないような、始まる前選手たちに呼びかけたことはあるか?

まずはコミュニケーションです。暑いとき・苦しいときに一人ではない、皆で声を掛け合おうという話しはしました。それから、もっと具体的な気をつけることで言うと、こまめに給水を取ろうという話をしました。前半は給水タイムがありました。後半は気温が下がった中で給水タイムがなかったので、その分こまめに給水をしようという話をしました。それでそれほど足は止まらなかったので、結構走れたと思いますから、しっかりやれたのかなと言うところはあります。あとは、ウォーミングアップの時間だとか、色々な細かなところでも小さなトライをしています。
ちょっとウォーミングアップの方法やタイミングを変えてみようとか、というところを菅原コーチが暑さがこうだったらこうしようというところなどです。
あとは、試合の前の給水のところだとか、細かなところ、そんなところも勝率を上げることができるのであれば取っていきたいので、ピッチの上だけではなく色々なところでトライをしていきたいと思います。

久しぶりの複数得点での勝利で、昨季から続く連続負け無し記録をJ3記録を更新となったが、すっきりした表情ではないのはなぜか?

そうやって言っていただけるのは本当にうれしいです。色々な記録を塗り替えていければと思います。ただ、あくまでも僕らが1試合1試合本当に全力で戦っていって、後から付いてくる物だと思っています。順位もそうですし、記録もそうです。僕らの目標にしている優勝も、後からついてくるものです。

3失点と今季一番の失点となったが?

何か問題があるはずだから、今はこれが問題だとはっきりここでは言いませんが、必ずどこかに問題があるはずなので必ず反省をして次に繋げていこうという話をしました。それは皆で共有できています。

ネガティブ要素ではなく、しっかり勝ちきったということか?

難しいゲームに勝ちましたから、僕の中ではネガティブではないです。選手よくやってくれたと思います。ただ、勝って反省をしたいと思います。

※このページは1分毎に自動更新されます。携帯からご覧の方は更新ボタンを押してください。

  • なお、2017シーズンホームゲームはテキスト速報を行いません。DAZNもしくは、Jリーグ公式ホームページ(http://www.jleague.jp/)のテキスト速報をご覧ください。
  • スターティングメンバーが発表されました!