MATCH RESULTS

2016 明治安田生命 J3リーグ 第14節

AWAY

ブラウブリッツ秋田

0-1

HOME

大分トリニータ

日時2016.06.26. Sun  18:00
場所大分銀行ドーム

HIGHLIGHT DATAハイライト動画・試合データ

Starting Member
位置No.選手名
GK21松本 拓也
DF5堀田 秀平
DF13新里 彰平
DF24山田 尚幸
MF6日髙 慶太
MF7前山 恭平
MF11久富 賢
MF14川田 和宏
MF15畠中 佑樹
MF36比嘉 諒人
FW29田中 智大
Substitution Member
位置No.選手名
野村 政孝GK1
深井 脩平DF4
熊谷 達也MF8
呉 大陸FW9
遊馬 将也FW16
   
   
Starting Member
位置No.選手名
GK21上福元 直人
DF2山口 貴弘
DF5鈴木 義宜
DF6福森 直也
DF29岩田 智輝
MF7松本 怜
MF10松本 昌也
MF14千明 聖典
MF15清本 拓己
FW18伊佐 耕平
FW27三平 和司
Substitution Member
位置No.選手名
1GK修行 智仁
35DFダニエル
24MF姫野 宥弥
28MF坂井 大将
9FW後藤 優介
13FW高松 大樹
38FWキム ドンウク
AWAY
ブラウブリッツ秋田
HOME
大分トリニータ
大分トリニータ
日時
2016.06.26 Sun 18:00
場所
大分銀行ドーム
データ
033シュート1165
549GK651
101CK624
9514直接FK1073
202間接FK000
202オフサイド000
000PK000
得点者56分 38.キム
HT 15.畠中 → 8.熊谷
63分 29.田中 → 9.呉
71分 36.比嘉 → 16.遊馬
交代48分 18.伊佐 → 38.キム
79分 27.三平 → 9.後藤
42分 5.堀田
警告
退場者
観衆天候気温湿度ピッチ状態
6733晴れ25,6℃56%無風全面両芝、乾燥

LIVE SCORES試合速報

※このページは1分毎に自動更新されます。携帯からご覧の方は更新ボタンを押してください。

  • セットプレーからの1失点での敗戦となり悔しい試合結果となりました。
  • 試合終了。
  • 後半アディショナルタイムは3分です。
  • 秋田が猛攻をしかえるも相手の守備陣を崩すことができず。
  • 大陸の鋭いクロスは中で合わせることが出来ず逆サイドのスローインへ。
  • カウンターから決定機を作られるもゴールを外れ万事休す。
  • 残り5分半。試合が動きます。
  • 続いて大陸のクロスに遊馬が頭で合わせるも枠を捉えることが出来ず。
  • 今度は大分に左サイドを崩されシュートされるもゴールを外れました。
  • 日髙が中盤で粘り、大陸へ。大陸がペナルティーエリア中央付近からシュートするもゴールを捉えることができず。
  • 本日の入場者数は6,733名です。
  • こぼれ球を日髙がシュートするも大きく枠を外れます。
  • 山田のロングスロー。
  • 選手交代 79分 大分トリニータ 27.三平 → 9.後藤
  • 長い時間秋田が保持。
  • 秋田がボールを回し相手の隙を伺います。
  • 守備陣の裏を取られたボールは山田がカバー。
  • 細かいパス回しで相手ペナルティーエリアに侵入するも川田のクロスは合わず。
  • 残り20分を切った時間帯で3人目の交代枠を使い攻撃に転じます。
  • 大陸のアーリークロスは前線に合わず相手にクリアされました。
  • 選手交代 71分 ブラウブリッツ秋田 36.比嘉16.遊馬
  • 比嘉がニアサイドで競りファールを誘いました。
  • マイナス気味に上げられたボールに相手がヘディングでゴール前へ流し、それを松本がキャッチしようとしましたが、相手と交錯。こぼれ球に再度松本が反応し防ぐも、その後の攻撃で再度コーナーキックに。
  • ペナルティーエリアの外からの大分のシュートは日髙がスライディングで防ぎ、コーナーキックになりました。
  • 中盤の激しい奪い合いとなります。
  • 秋田がボールを回し支配しています。
  • 大陸を投入しさらに攻撃に転じます。
  • 選手交代 63分 ブラウブリッツ秋田 29.田中9.呉
  • 川田から前山、前山から久富、久富から日髙とつなぎ最後は比嘉に渡すもシュートまで行けず。
  • 細かいパスを回され最後はペナルティーエリア中央から上がってきた選手にシュートを打たれるも松本ががっちりキャッチ。
  • リズムが出て来てただけに悔やまれます。
  • 56分 38.キムにニアサイドで頭で合わせられ先制点を奪われました。
  • 浮いたこぼれ球に競り合った結果、比嘉がファールを奪われFK
  • ペナルティーエリア内に侵入されるも最後のところはシュートまで行かせず。
  • 熊谷がボールに絡みリズムをつくります。
  • 大分は前線からの守備に疲れが出ているのか少し引き気味からの守備のスタートとなっています。
  • 久富、日髙、そして右サイド駆け上がった久富がマイナス気味に低めのクロス。前山が落とし熊谷がシュートもミートせず。
  • 選手交代 48分 大分トリニータ 18.伊佐 → 38.キム
  • 低い弾道でペナルティーエリアに入ったボールは守備陣がはじきます。
  • 代わって入った熊谷が中盤で積極的な守備でボールを奪いますがファールの判定
  • キックオフとなりました。
  • まもなく後半戦のキックオフです。
  • 大分は交代はありません。
  • 選手交代 HT ブラウブリッツ秋田 15.畠中8.熊谷
  • 後半戦が勝負となります!
  • 前半が終了しました。
  • 相手のクロスはしっかりと堀田がヘディングでクリア。こぼれ球を畠中がクリア。
  • 前半アディショナルタイムは1分です。
  • ゴールを捉えるシュートは打たせずゴールキックとなりました。
  • 現在の時間、大分の攻撃時間が続きます。大分のCKとなりました。
  • 「イエローカード」 42分 5.堀田に警告です。
  • CKは秋田の守備陣が頭ですらしました。
  • ペナルティーエリアの外から前を向かれ、かかさずシュートを打たれるも松本がパンチグではじきCK
  • 中盤のパスミスからカウンター気味で右サイドを突破され中で合わされるもゴールを大きく外れました。
  • 先に決定的なシーンを作ったのは大分となりました。
  • 34分右サイドからのクロスを上げられ逆サイドの伊佐にヘディングで合わされましたが枠にはいかず。
  • 日髙が中盤で奪い前山が抜け出したところにスルーパスを出すも相手DFに身体を入れられました。
  • 30分が経過しましたがお互い決定機はつくれておりません。均衡した試合が続いています。
  • 秋田のボール回しに大分サポーターのブーイングが会場を包みます。
  • 現在秋田がボールを回し攻撃をうかがいます。
  • 相手の低いクロスは止んだがクリア。
  • 裏に抜けられそうになった場面は山田がカバーに入り相手の攻撃を止めました。
  • 中盤の攻防が非常に激しい試合となっております。
  • 大分も前線から積極的なプレスをかけています。
  • 深い位置で山田がボールに絡みコーナーキックかと思われたプレーはゴールキックの判定。
  • 相手GKパンチグで現在秋田がボールを保持。
  • 蹴るのは日髙。
  • スローインから田中が左サイドから相手をかわしセンタリング。相手にあたりコーナーキックとなりました。
  • 相手にペナルティーエリア内に侵入されるも、最後はしっかりとした対応で自由にさせずゴールキックになりました。
  • 両者いまだ決定機はつくれていません。
  • ニアサイドの前山が頭でそらし、現在は大分がボールを保持し攻撃をうかがっています。
  • 左サイドからのクロスは堀田が防ぎ再度コーナーキックとなりました。
  • 今日の試合はコーナーキックのファールも正確にジャッジされます。
  • 相手のCKは合わずそのまま左サイドからのスローインとなりました。
  • 16分大分トリニータのCKとなりました。
  • 久富がドリブルで抜かれた後も再度プレッシャーにいき最後は堀田が身体を張って奪いました。
  • 追加副審にはワールドカップの試合もジャッジした西村雄一さんがついています。
  • 久富、前山のプレッシャーが効き相手DFからの長いボールはしっかりと秋田の守備陣が跳ね返すことが出来ています。
  • 立ち上がりの10分は両者互角で試合が進んでいます。
  • 相手DFからのくさびにはしっかりと山田が対応しファールを奪いました。
  • 左サイドの比嘉がドリブルで侵入し中への鋭いクロスは惜しくもシュートまで行けず。
  • 大分にボールを回されるもペナルティーエリア内には侵入させず、裏に出たボールはオフサイドとなります。
  • 古巣との試合でスターティングメンバーとなった川田。
  • 前節のGKとの接触プレーで頭部を切った比嘉は頭にテーピングを巻いての試合となります。
  • 「ボール」大分トリニータ のキックオフで試合が開始されました。
  • 大分トリニータのキックオフから試合が開始となります。
  • ペナルティーエリア内でのプレーを正確にジャッジするための審判となります。
  • 本日の試合は追加副審がついたゲームとなります。両ゴールラインに審判が1名ずつ追加でつきます。
  • 大分は快晴です。選手が入場して参りました!
  • スターティングメンバーが発表されました!

COMMENT監督コメント

本当に両チームの攻撃・守備のコンセプト、真っ向勝負。正面からぶつけた試合だったと思います。勝負が決まったのは、うちの選手の不必要なファウル、そしてそこから上げられたボールのマーク。もうその1つで勝負が決まったと思っています。

試合には負けましたけれども、私自身、自分たちの選手が全力で戦って、勝負自体に負けたとは思っていません。ただ、明らかにある大分の選手たちの、選手としての技術の高さ。そしてブラウブリッツ秋田の、私の受け持つチームの選手のサッカー選手としての技術の差。これをなんとしても、私が監督として私自身が自分に目を向け、責任を持ち、必ず上げていきたいと思っています。

質疑応答

具体的に技術の差を感じたのは?また、浦島が出場停止に当たりメンバーを替えて臨んだが?

お互いのシステムが違う中で、球際でプレスを掛け合うという中でも、ギリギリのプレスを掛け合ったところでの対応ですよね。うちの選手は大分の選手の速く強いプレスに対して顔を上げられなかったりだとか、パスの質が下がったりだとかそういう部分がある中で、大分の選手は最後まで顔を上げ、ボールを持ち出し、ギリギリのところで質の高いパスを出せる、そういうところがまず大きな差でした。

人のところは、浦島は出場停止ですから出られませんけれども、その他のところは本当に一週間抜かりなく準備ができた選手をピッチに立たせているので、大分相手の対策だとか、自分たちの戦術・プランでやっていることではないです。ただ、この90分+ロスタイムの間に失点をしたことや、前半でうまく今日に限っては効かなかった選手というところも含めて、人の交代、そしてポジションの交代といったところは色々試みました。こちらから変えたところと、プラス中の選手たちで流動的に立ち位置を変えていたところは、逆に頼もしくも思いますし、なんとかここまでやれているところで1点取りたかったのですけれども、今日に限っては質の低い攻撃を何度も数打つのか、もしくはなんとか少ないチャンスでも質が高い攻撃1つ2つでゴールをものにするのかというところでは、質の高さの方を自分たちは求めました。結果的には3本しかシュートを打てていないところは、大分の選手の戦いと頑張り、そこだったと思います。

PHOTO試合写真

※登録がありません。

TICKETチケットについて

チケット情報については、Jリーグチケットをご覧ください。