12.18 秋田市立土崎小学校で「ゆめすく」を行いました

12月18日(月)、秋田市立土崎小学校でブラウブリッツ秋田「ゆめすく」を行いました。
「ゆめすく」とはブラウブリッツ秋田の選手が学校を訪問し、運動を通じた触れ合いや自身の経験をもとにした講義を通じて「夢を持つことの大切さ」や「夢を追いかけることの重要性」を伝える活動です。東電化工業株式会社、株式会社ピー・アンド・エスにご協賛をいただき、秋田市協力のもと実施しております。
今回は6年生45名を対象に、MF7 前山恭平選手がゆめすくを行いました。

第1部では体育館にて2つのゲームを行いました。1つ目は最初に友達同士、2回目は先生と、最後は前山選手と合計3回じゃんけんをし33連勝すれば勝ち抜けというルールの「じゃんけんゲーム」です。負けないしはあいこの場合は体育館を一周するルールで、外は雪のちらつく寒さでしたが最大10周した児童もおり、体を温めることができました。

2つ目はフラフープ通しゲーム。クラスごとに円になって手を繋ぎ、手を離すことなくフラフープを一周させるゲームです。1回目の練習の後に作戦会議の時間を取り、クラスごとに団結して意見をまとめ2回目の本番では1回目よりも両クラス速くクリアすることができました。

第2部ではふれあいホールに移動し、前山選手が自身の経験をもとに「夢を持つことの大切さ」や「夢を叶えるためには何が必要か」をお話ししました。
前山選手はこれまでの自分を過信してしまった失敗を例にあげ、常に努力を怠らないことの重要性を説いていました。またこれまでに出会った友人・恩師や歴代監督の名前を挙げ「好き嫌いに関わらず、出会いには必ず意味がある。出会いを大切にしてほしい」と話していました。

その後子どもたちは自分の夢とそれを達成するためにできることをシートに記入。立候補で前に出て発表した児童に対し前山選手は「自分は小学生の時前に出ると恥ずかしくて発表できなかったから、堂々と発表できていることは素晴らしい」と賞賛した上で、一人一人の夢に対して応援のメッセージを送っていました。

今回のゆめすく実施に伴い、ご協力いただきました土崎小学校のみなさま、ありがとうございました。

今後もブラウブリッツ秋田は東電化工業、ピー・アンド・エス、秋田市とともに「ゆめすく」を実施していきます。
ご希望の学校関係者の方は、ホームタウン事業課 奥山 s.okuyama@blaublitz.jp までご連絡ください。